『家庭教師のコーチング1』は首都圏、中京圏、関西圏を中心に、学習管理を行いながら目標達成へ導く「コーチング」に主体をおいた家庭教師です。

発達障害対策コーチング

家庭教師のコーチング1は発達障害コーチングを行う家庭教師です!

文部科学省が平成24年に実施した「通常の学級に在籍する特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する全国実態調査」の結果では、学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害)など、知的障害は無いにも関わらず学習や生活の面で特別な教育的支援を必要とする発達障害・グレーゾーン児童が通常学級に約6.5パーセント在籍している可能性が示されています。
このような状況を踏まえ、平成16年に発達障害者支援法が成立し、特別支援学級や通級指導教室での発達障害・グレーゾーン児童の支援体制が整いはじめました。

しかし、現実の特別支援教育はどうでしょうか?

特別支援学級の設置率は75.6%で未だ全ての小中学校に設置されているわけではなく、また設置されていても定員状況によって全ての発達障害・グレーゾーン児童が受け入れられるとは限りません。
通級指導教室については特別支援学級よりは幅広く受け入れられますが、47.5%が他校への通級となっています。(平成26年度 文科省調査)

一方で、せっかく特別支援学級に入ったとしても、普通学級との学力格差によって学習に物足りなさを感じてしまうことも少なくありません。さらには現状の受験制度では特別支援学級に在籍していることで、高校進学の選択肢に影響が出ます。
また、週1~2回程度の通級指導では不十分と感じているご両親も多いです。それどころか通級のために通常授業が受けられず、学習面で遅れるが生じるケースもあります。(特に他校通級の場合に影響あり)

このように発達障害・グレーゾーン児童に対する特別支援教育体制は未だ十分とは言い難く、各家庭で対策を講じる必要があります。

発達障害は先天的特性

学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、自閉症スペクトラム(高機能自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害)などの発達障害は先天的な特性であって、決して「親の育て方が悪い」「家庭環境が悪い」といった教育や家庭環境が原因となる後天的なものではありません。
誤解を恐れずいうのであれば、発達障害はあくまで特性であって、病気ではありません。
病気であれば、病院に行って治療をすれば、多くの場合は解決します。
しかし、発達障害は病気ではないため、根本的な治療法は確立されていません。
また、発達障害は本人自身の問題だけではなく、その特性によって引き起こされる社会での不適合状態による障害のことです。本人を治療するという考え方よりも、周りが特性を理解し、対応策を考えてあげることが重要です。

コーチングの技術を応用した発達障害指導

家庭教師のコーチング1では一般の学習塾や家庭教師では出来ない、お子さんの特性に合わせた学習指導を行います。
とはいえ、発達障害と一口にいってもその特性や目的、学習状況は様々です。
大きく分けて、以下の方向性でのアプローチを行います。

1.LDコーチング

日本では旧文部省が1999年、LD(学習障害)を定義しています。
「学習障害とは、基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を指すものである。学習障害は、その原因として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や、環境的な要因が直接の原因となるものではない。」
LDコーチングを詳しく読む

2.ADHDコーチング

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は、主に物事に集中することができず、忘れ物が多い「不注意」、落ち着きがなく、じっとしていることができない「多動性、思いついた行動を唐突に行う、順番を待てない「衝動性」という特性を持つ発達障害です。
簡潔にいうと「行動コントロールに困難が生じる発達障害」です。概ね以下の3つに分類されます。
ADHDコーチングを詳しく読む

3.ASコーチング

アスペルガー症候群(AS)は自閉症スペクトラム(高機能自閉症、広汎性発達障害)の一種で、対人関係や他者の気持ちの推測力など、心の理論の欠如が主な原因とされる1.社会性の障害、2.言語発達・コミュニケーション能力の障害、3.行動の障害のことです。
知的障害および言語障害は比較的少なく、特定の分野への強いこだわりを示したり、運動機能の軽度な障害も見られたりするケースもあります。
ASコーチングを詳しく読む

4.発達障害児童(LD、ADHD、アスペルガー症候群等)の中学受験

お子さんを「より良い環境へ入れてあげたい」という思いから、中学受験をされる方も多いと思います。
しかし、必ずしも全ての学校が発達障害に理解があるわけではありません。
また、中学受験は非常の特殊な受験ですので、ノウハウが必要です。
発達障害受け入れ私立中学校(東京・大阪)を詳しく読む
発達障害児童(LD、ADHD、アスペルガー症候群等)の中学受験コーチングを詳しく読む

5.発達障害児童(LD、ADHD、アスペルガー症候群等)の高校受験

高校受験では公立高校と私立高校を併願、もしくは受験科目の兼ね合いから私立高校を単願で選択される方も多いと思います。
しかし、必ずしも全ての学校が発達障害に理解があるわけではありません。
また、公立高校を受ける場合、内申点や学習方法でつまずくことが多いため、ノウハウが必要です。
発達障害受け入れ私立高校(東京・大阪)を詳しく読む
発達障害児童(LD、ADHD、アスペルガー症候群等)の高校受験コーチングを詳しく読む

6.発達障害児の不登校対策コーチング

発達障害を抱えるお子さんは、独特の感性や感覚をもっています。この感性のずれから、コミュニケーションがうまくとれず、いじめられてしまうケースがあります。
また、いじめられなくても学校の環境にうまくなじめず、不登校になってしまうことがあります。
発達障害児の不登校対策コーチングを詳しく読む

7.通信課程サポートコーチング

「家庭教師のコーチング1」は、平成25年 8 月 1 日より学校法人・今治精華高等学校と業務提携し、同校の学習支援センターを開校しております。
当社が家庭教師派遣業にて培ったノウハウを活かし、首都圏にて同校通信課程で学ぶ生徒の家庭学習のサポートコーチングを行っております。
特に不登校や発達障害などの困難を抱えた生徒にぴったりの仕組みです。
通信課程サポートコーチングを詳しく読む

8.ソーシャルスキルトレーニング(SST)

コーチング1では発達障害を抱えたお子さんへの学習指導に加え、ソーシャルスキルトレーニング(SST)も行っています。
コミュニケーションや学校生活、お友達関係での不安を抱えている場合は、SSTをご利用ください。
ソーシャルスキルトレーニングを詳しく読む

私たちだけにしかできない特別なこと

知的障害が無くても、多くの発達障害・グレーゾーン児童はその特性のため、学校の授業や受験勉強についていくのは困難です。

現在では、学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、自閉症スペクトラム(高機能自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害)など様々な発達障害の特性を理解し、ソーシャルスキルトレーニング(SST)や学習指導を行う発達障害専門塾が徐々に増えてきました。

しかし、他の発達障害専門塾は療育中心のカリキュラムとなっており、学習指導はあくまで副次的サービスです。
学習の絶対量が不足しているだけでなく、中学受験や高校受験に対応できる学習内容ではありません
また、指導方法も分からない問題の解答・解説だけを行うといった「ティーチング」にすぎません。
これでは仮にその場では内容を理解できたとして、いつまでたってもお子さん自身で勉強ができるようにはならず、本質的な問題解決になりません。

私たちが行うのは、自立して学習を行うためのコーチングのノウハウを発達障害指導に応用した「発達障害コーチング」です。

授業中に問題の解答・解説を行うだけでなく、授業外で日々やるべきことを週間学習計画表という形で具体化し、学習管理を行いながら、お子さんの学習習慣を築き上げていきます。 原則として進学を前提とした指導内容になっているため、中学受験・高校受験にも対応できることが大きな特徴です。
この「発達障害コーチング」は私たちだけにしかできない特別なことだと自負しております。

お子さんの特性に最適な学習方法を私たちと共に見つけませんか?



※家庭教師のコーチング1は(社)日本発達障害ネットワークの会員団体です。
※お子さんに発達障害を告知していない場合は、秘密にして指導することが可能です。
※WISCやK-ABC等の診断結果があれば、参考にさせていただきます。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159
メールで資料請求・お問い合わせをする