家庭教師のコーチング1

発達障害コーチング

発達障害(LD・ADHD・自閉症スペクトラム)・グレーゾーン専門の家庭教師

文部科学省が平成24年に実施した「通常の学級に在籍する特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する全国実態調査」の結果では、学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害)など、知的障害は無いにも関わらず学習や生活の面で特別な教育的支援を必要とする発達障害・グレーゾーン児童が通常学級に約6.5パーセント在籍している可能性が示されています。

このような状況を踏まえ、平成16年に発達障害者支援法が成立し、特別支援学級や通級指導教室での発達障害児童の受け入れなど支援体制が整いはじめました。

しかし、現実の特別支援教育はどうでしょうか?

・特別支援学級の設置率は75.6%で全ての小中学校に設置されているわけではない。
・設置されていても全ての発達障害児童が受け入れられるとは限らない。
・特別支援学級と普通学級との学力格差によって学習に物足りなさを感じてしまうことがある。
・特別支援学級に在籍していることで、高校進学の選択肢に影響が出る。
・週1~2回程度の通級指導では不十分<と感じるケースがある。
・通級のために通常授業での学習面で遅れが生じるケースがある。(特に他校通級の場合)
※データは平成26年度文科省調査


発達障害・グレーゾーン児童に対する特別支援教育体制は未だ十分とは言い難く、
各家庭で対策を講じる必要があります!

コーチング1では「コーチングの技術を応用した発達障害指導+進学支援」を行います。主な特徴は以下の通りです。

“発達障害コーチング”による学習習慣の確立

一般的な進学塾・個別指導塾・家庭教師では単なる問題の解答・解説という「ティーチング」しか行わず、家庭学習の習慣化を意図した学習指導にはなりません。
これでは進学塾・個別指導塾・家庭教師での授業時間だけ勉強するようになってしまい、いつまでも学習習慣は身につきません。

一方、コーチング1では「ティーチング」ではなく、生徒が自ら気づくことを促し、自主的な行動へ導く「コーチング」の観点で学習指導を行います。
生徒の特性や目標に合わせた学習計画を作成し、学習管理を行いながら学習習慣を確立し、最終的に発達障害・グレーゾーン児童を自立へ導く、「発達障害コーチング」を行いますす。
ここが“一般的な進学塾・個別指導塾・家庭教師”と違う点です。

発達障害は先天的特性
LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、自閉症スペクトラム(高機能自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害)などの発達障害は先天的な特性であって、決して「親の育て方が悪い」「家庭環境が悪い」といった教育や家庭環境が原因となる後天的なものではありません。
誤解を恐れずいうのであれば、発達障害はあくまで特性であって、病気ではありません。
病気であれば、病院に行って治療をすれば、多くの場合は解決します。
しかし、発達障害は病気ではないため、根本的な治療法は確立されていません。
また、発達障害は本人自身の問題だけではなく、その特性によって引き起こされる社会での不適合状態による障害のことです。本人を治療するという考え方よりも、周りが特性を理解し、対応策を考えてあげることが重要です。

※発達障害専門塾・家庭教師「個別指導のコーチング1」による学習指導となります。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする