家庭教師のコーチング1

ADHDコーチング

ADHD(注意欠陥・多動性障害)・グレーゾーン専門の家庭教師

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は、主に物事に集中することができず、忘れ物が多い「不注意」、落ち着きがなく、じっとしていることができない「多動性」、思いついた行動を唐突に行う、順番を待てない「衝動性」という特性を持つ発達障害です。
簡潔にいうと「行動コントロールに困難が生じる発達障害」です。
概ね以下の3つに分類されます。

コミュニケーション4原則
ADHD(注意欠陥・多動性障害)・グレーゾーンのお子さんとは以下の「コミュニケーション四原則」をもとに信頼関係を築きます。
1.言うことを聞かないお子さんでもきつく叱らない
2.何度も注意するのでなく、大事なときを選び、注意する回数を減らす
3.ネガティブな言葉ではなく、穏やかで前向きな話し方をする
4.嘘や言い訳をするからダメだと誤解しない

中学受験・高校受験に対応できるADHDコーチング

ADHD(注意欠陥・多動性障害)を抱えるお子さんの場合、実行機能の低下をはじめとする脳の器質的・機能的障害が背景にあると考えられています。

実行機能とは以下のことです。

・目の前の状況を把握して認知する力
・順序立てて考えをまとめる力
・衝動的に反応して行動せずに熟考する力
・現在の状況と過去の記憶を照らし合わせて判断する力
・実行に移る前に順序立てる力

この実行機能が障害されているために、多動性や衝動性、不注意が引き起こされると考えられています。

一口にADHD(注意欠陥・多動性障害)・グレーゾーンといっても、どの実行機能に弱点があるかによって特性が異なるため、一般的な学習塾・個別指導・家庭教師では適切な指導ができません。(マンツーマン指導でもノウハウがないとADHDの指導は難しい)
それどころか、否定的な言葉や威圧的に叱ったり、「嘘つき」「やる気がない」などと問題児扱いをし、お子さんの自尊心ややる気を削ぐリスクさえあります。

コーチング1では「ADHD(注意欠陥・多動性障害)・グレーゾーンのお子さんのうまくしていない実行機能をどうフォローするか」という視点で捉え、特性にあった学習方法を確立できるようにコーチングします。
ADHDコーチングの主な特徴は以下の3点です。

お子さんの学力・進学の可能性を広げ、目標達成に導く学習方法を私たちと共に見つけませんか?

※発達障害専門塾・家庭教師「個別指導のコーチング1」による学習指導となります。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする