家庭教師のコーチング1

中高一貫校補習

中高一貫校の成績はスタートダッシュで決まる!

中学受験はゴールではなくスタートです。 入学後は当然ながら、すぐに最終的には大学受験(もしくは内部進学)に向けた勉強が始まります。 そして残念なことに、その過程で“落ちこぼれ”が発生します。
どうして厳しい中学受験を突破して入学したにもかかわらず、落ちこぼれてしまうのでしょうか? それには中高一貫カリキュラムのメリットとデメリットを把握する必要があります。

中高一貫校のメリット

中高一貫校のデメリット

中学1年生が特に大事

特に重要なのは、中学1年生です。
上記のデメリットが原因となり、中学1年生の段階で学力的なポジションはある程度決まってしまいます。つまり、中高一貫校での学習はスタートダッシュで決まるといっても過言ではないのです。
ですから、お子さんにスタートダッシュを切ってもらうために、私たちはこれらのメリット・デメリットを踏まえた学習計画を作成し、“質の高い家庭学習を行うためのコーチング”を行います。

一般的な進学塾・個別指導塾・家庭教師では単なる問題の解答・解説という「ティーチング」しか行わず、家庭学習の習慣化を意図した学習指導にはなりません。
これでは進学塾・個別指導塾・家庭教師での授業時間だけ勉強するようになってしまい、いつまでも学習習慣は身につきません。

一方、コーチング1では「ティーチング」ではなく、生徒が自ら気づくことを促し、自主的な行動へ導く「コーチング」の観点で学習指導を行います。
生徒の特性や目標に合わせた学習計画を作成し、学習管理を行いながら学習習慣を確立し、最終的に生徒を自立へと導きます。
ここが“一般的な進学塾・個別指導塾・家庭教師”と違う点です。

「ティーチング」と「コーチング」
ティーチングは「教師が生徒に対して問題の解答・解説をすること」で、自主的な行動へ導くことは含まれません。
一方、コーチングは「生徒が自ら気づくことを促し、自主的な行動へ導くこと」です。コーチング1では主に「学習状況の分析」「目標設定」「動機付け」「コミュニケーション」といった観点から、生徒に気づきを与え、目標達成へのコーチングを行います。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする