『家庭教師のコーチング1』は首都圏、中京圏、関西圏を中心に、学習管理を行いながら目標達成へ導く「コーチング」に主体をおいた家庭教師です。

不登校対策コーチング

東京都板橋区が2009年に公表した調査によりますと、区立中学校の2006年度の全生徒のうち、不登校の生徒は127人、発生率は2.41%となっていました。今やクラスに約1人は不登校が発生している事態となっており、社会問題といっても過言ではない状態です。

不登校の原因については、病気、いじめ、学業不振などの教育問題や、家庭の貧困、学校価値の絶対的・相対的な低下に伴う魅力減少など様々な理由が考えられます。特に学力不振や進学への親の期待が不登校のきっかけとなった場合、焦って保護者が一方的に勉強を勧めることが逆効果となり、事態を深刻化させるケースが多くあります。

とはいえ、将来の自立のために最低限の学力が必要なことは事実です。
私たちは客観的な立場を最大限に活かし、学習面から不登校解決を目指す、「不登校対策コーチング」を行います。

当然ですが、一方的に勉強を勧めるのではなく、お子さんの意見を聞きながら自立のために必要なことを提案し、納得を積み重ねながら、お子さん自身の意思で行動させるように促します。そして、心身に無理のない範囲で、可能な限り基礎学力の遅れを取り戻す(または遅れを生じさせない)ための学習計画を作成し、課題をクリアーし、学力をつけていくことでお子さんの自信を築き上げていきます。

もしかしたら、不登校児の学力や成績は、保護者にとって必ずしも満足できるものではないかもしれません。しかし、他のお子さんと比較して本人を評価しても、お子さんを追い込むだけです。たとえ些細なことでもお子さんの努力を評価し、やる気と自信を作り上げる環境を私たちと一緒に築き上げましょう。

具体的な対策については以下の内容をベースにお子さんに合わせたコーチングカリキュラムを作成します。

発達障害を原因とした不登校についてはこちら
高校進学についてお悩みの方はこちら

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159
メールで資料請求・お問い合わせをする