『家庭教師のコーチング1』は首都圏、中京圏、関西圏を中心に、学習管理を行いながら目標達成へ導く「コーチング」に主体をおいた家庭教師です。

高校受験・早稲田アカデミー対策コーチング

早稲田アカデミーの強み

1.早稲田・慶應系の学校に強い
早稲田アカデミーでは、早稲田の名を冠するように早稲田系の学校に強いのはもちろんのこと、慶應系の学校にも強いという特徴があります。
トップクラスである特訓(T)クラスは開成・早慶・国立向けのカリキュラムとなっており、早慶はもちろんのこと、開成や難関国立についても素晴らしい実績となっています。

2.とにかく「熱い」塾
早稲田アカデミーの雰囲気はいわゆる体育会です(笑)
私語は一切禁止で、挨拶についても厳しく、志望校合格へのエネルギーにあふれた雰囲気です。
また、塾の面倒見が良いため、わからなかったところは塾に残して、やり残しがないように教えてくれます。
また定期的に父母会を開催し、親御さんとのコミュニケーションも図っています。

3.クラス分けの基準が厳格
特訓(T)クラスに在籍するには年二回ある超難関チャレンジテストや駿台模試などの選別試験に合格しなければなりません。
また、レギュラー(R)クラスはCT(コンピュータテスト)を主な基準としてクラス分けが行われます。

早稲田アカデミーでつまづきやすいポイント

1.都立・県立向きのカリキュラムではない
最近の都立・県立人気にあやかり、早稲アカでも以前に比べると都立・県立の対策に力を入れてきています。
しかし、カリキュラムは決して都立・県立向けのものではありません。
都立・県立を目指すのであれば、『新中学問題集』『実力完成問題集』といったテキストの使い方をアレンジする必要があります。

2.向き不向きがハッキリしている
確かに早稲アカは自分の意志をハッキリ言葉で表現したり、積極的な子にはぴったりの塾です。
しかし、うまく考えを表現できなかったり、大人しいお子さんには、ついていくのが難しい塾かもしれません。
「せっかく塾に残って勉強していたのに、全然質問できなかった」なんてことになってしまうと本末転倒です。

3.塾での拘束時間が長くて消化不良になる
面倒見がよい反面、塾での拘束時間が長いのは早稲アカの欠点です。
おのずと復習する時間が制限されるため、効率的な家庭学習が出来ないとあっという間に消化不良になってしまいます。
そして塾以外で対策をしようと思っても、対策する時間がないというジレンマに陥ってしまいがちです。

コーチング1の早稲田アカデミー対策コーチング

志望校に合わせた過去問対策
特に都立・県立を志望している場合は塾任せにせず、個別に志望校に合わせた過去問対策を行います!

限られた家庭学習時間の効率UP
早稲アカでは塾での拘束時間が長いため、限られた家庭学習の時間を効率的に使うためのきめ細やかな学習計画を作成します!

テストの見直し・復習
テストの受けっぱなし、解答解説に目を通してお仕舞いではなく、テストで間違えた問題の傾向を分析し、復習のスケジュールを組みます!

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159
メールで資料請求・お問い合わせをする