『家庭教師のコーチング1』は首都圏、中京圏、関西圏を中心に、学習管理を行いながら目標達成へ導く「コーチング」に主体をおいた家庭教師です。

高校受験・SAPIX(サピックス)対策コーチング

SAPIX(サピックス)の強み

1.使用テキストのボリューム・質が高い
SAPIXでは筑駒や開成といった難関国立私立高校を狙うため、質の高いテキストが十分に与えられます。
例えば数学であれば、「BASIC Sapix」は新たな単元を学び、「MAIN Sapix」で学んだ内容を基礎から応用、発展まで含んだ演習問題で定着を図るテキストとなっています。
これによって十分に問題演習と復習を行うことができます。
※SAPIXでは毎年テキストを改訂し、更なる質の向上を図っています。

2.少人数の能力別クラス
SAPIXでは少人数の能力別クラスを採用し、1クラス15人前後の細かいクラス分けを行っています。
この仕組みのメリットはクラス内の実力差を均等化でき、授業効率があがるということです。
また、クラスはテストによって頻繁に昇降します。
トップクラスであるZクラスに定着できれば、開成・筑駒を狙う力が着実に身につきます。

3.復習主義に統一されている
SAPIXでは新しい授業を受けるときに単元ごとにまとめられたテキストが配布されます。
これにより予習をすることができず、予習・復習に時間を分散させることなく、復習に集中することができます。
また、「MAIN Sapix」には基礎から応用、発展まで含んだ演習問題が豊富にあるため、復習しやすいテキストとなっています。
SAPIXはテキストや塾の仕組みが復習型に統一されているため、エネルギーが分散せず、効率的な学習ができます。

SAPIX(サピックス)の弱み

1.テキストのレベルが高すぎる
基本的には難関国立・私立向けの塾ですので、公立や中堅校狙いのお子さんにとってSAPIXのカリキュラムのレベルは高すぎます。
確かにSAPIXのテキストは質が高く、非常によくできたテキストです。
しかし、問題量が多く、なおかつ難易度が高い問題も数多く含まれるため、やみくもにこなそうと思うと無理が生じてしまいます。
そのため、問題を難易度別に分け優先順位をつけ、学習計画を立て、計画的にこなす必要があります。

2.テストの結果でやる気が減退してしまう
SAPIXではテストによってクラス分けが頻繁に行われます。
テストを復習の材料として使えばいいのですが、どうしてもテストの結果に気をとられ、お子さんのモチベーションを減退させてしまうことがあります。
さらには目先のテストにとらわれ、テストに向けた突貫工事のような勉強を始め、学習効率を下げてしまいこともあります。

3.復習の見通しが立たない
中学生のお子さんがテキストの使い方や復習のやり方を工夫、解答・解説やスケジュール管理を徹底し、モチベーションをコントロールすることは非常に困難です。
ですから子供任せにしたところで、良い結果は望めません。
復習の見通しが立たない場合は、周りの協力が必要となります。

コーチング1のSAPIX(サピックス)対策コーチング

『MAINsapix』『BASICsapix』『ASSIST』の取捨選択
志望校や能力に合わせて膨大な量の問題に優先順位をつけ、取捨選択を行い、テキストを有効活用します!

公開模試の見直し
公開模試の受けっぱなし、解答解説に目を通してお仕舞いではなく、テストで間違えた問題の傾向を分析し、適切な復習スケジュールを組みます!

復習を盛り込んだ学習計画の作成
復習に必要な類題のピックアップや適切な時間配分を盛り込んだ学習計画を作成します!

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159
メールで資料請求・お問い合わせをする