家庭教師のコーチング1

栄光ゼミナール対策コーチング

栄光ゼミナールの強み

栄光ゼミナールでつまずきやすいポイント

栄光ゼミナール対策コーチング

1カリキュラム・進度別の対策 校舎によって違う進度やカリキュラムを踏まえて、カリキュラムのアレンジが必要です。
学習量が少ない場合は志望校や目標学力に合わせて問題を追加する必要があります。
また、無理をして応用問題まで手を広げていたりような無駄が多いやり方の場合は問題の取捨選択を行い、目標に最適なコーチングを行います。
2志望校別の過去問対策 難関・上位校を目指す場合、塾では不足してしまう志望校別の過去問対策を行います。
また、過去問対策は長期的な対策が必要なケースがあります。
この場合、受験直前からのスタートでは間に合わないため、志望校が決定した段階で志望校の過去問傾向を分析し、早いタイミングから志望校へ向けた対策コーチングを行います。
3個別指導の活用 ビザビ(個別指導)を何の考えも無く利用しても成績にはつながりません。
個別指導を使うのであれば、「どのテキストのどの問題をやるか」「チューターにはどの問題を質問するか」「質問したものをどうやって復習するか」などを決め、有効活用できるようにコーチングします。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする