『家庭教師のコーチング1』は首都圏、中京圏、関西圏を中心に、学習管理を行いながら目標達成へ導く「コーチング」に主体をおいた家庭教師です。

高校受験・栄光ゼミナール対策コーチング

栄光ゼミナールの強み

1.校舎数が多いため通塾の利便性が高い
栄光ゼミナールは300以上の校舎を構えており、トップクラスの校舎数をほこります。
これにより、自宅にもっとも近い校舎が選択でき、通塾の利便性が高いという特徴があります。
通塾時間が削られれば、家庭学習に当てられる時間が増え、受験生にとっては確実にメリットとなります。

2.1クラス10人前後の少人数制クラス
栄光ゼミナールは1クラス10人前後の少人数制クラスを取り入れており、比較的面倒見の良い塾です。
『標準新演習』をメインテキストとし、基本・標準レベルの問題を中心にカリキュラムが構成されています。
お子さんにとっては通いやすい塾といえるでしょう。

3.個別と集団の連携
栄光ゼミナールでは少人数の集団クラスと並行して、個別指導のクラスを選択することができます。
大手塾では珍しい「集団と個別が同じ教室内にある」という仕組みを活かし、生徒の情報が集団から個別スムーズに伝わります。
これによって、効率的に個別の授業を受けることができます。

栄光ゼミナールでつまづきやすいポイント

1.教室によって進度に違いがある
栄光ゼミナールでは各教室に比較的大きな裁量権が与えられているため、教室によって進度やカリキュラムに違いがあります。
たとえば、難関国立私立を目指すクラスは基本的には『発展新演習』がメインテキストなのですが、教室によっては『標準新演習』を使ったりします。
上位校を目指しているのに、カリキュラムや進度が追いついていないということもありえるので注意が必要です。

2.上位校を狙いづらいカリキュラム
基本・標準レベルの問題が中心のカリキュラムですので、あまり上位校狙いには向きません。
また、塾内テストも難易度が易しいため、早稲アカやSAPIXと比べると偏差値が高く出ます。
受験本番は当然、早稲アカやSAPIXの生徒との勝負になるため、上位校を狙う上で自分の位置付けがつかみづらいという難しさがあります。

3.個別を活かすのが難しい
集団と個別の連携が取れていても、やはり個別指導は「自分で質問ができる子」「習ったことを復習する習慣が身についている子」のためのものです。
個別で質問できなかったり、習いっぱなしで復習しなければ、高校受験の内容は定着しません。

コーチング1の栄光ゼミナール対策コーチング

テキストの効率的な使い方の指導
目標や能力に合わせてテキストの効率的な演習と復習が行えるようにします!

志望校にあわせたカリキュラムのアレンジ
お子さんの志望校の問題傾向を分析し、塾の内容をベースにしながらも問題に優先順位をつけ、カリキュラムをアレンジします!

学習計画を作成
授業やテストで間違えた問題の傾向を分析し、習ったところを着実に定着させる学習計画を作成します!

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159
メールで資料請求・お問い合わせをする