『家庭教師のコーチング1』は首都圏、中京圏、関西圏を中心に、学習管理を行いながら目標達成へ導く「コーチング」に主体をおいた家庭教師です。

高校受験対策コーチング

「学習塾に通っているのに成績が上がらない」
高校受験生の保護者の方から受ける最も多いご相談です。

中学校に上がると、以下の4つの学習の変化が生じ、これらの変化に対応できるかどうかが成績の良し悪しを決めます。

4つの学習の変化

1.科目数・学習量の増加により、学習時間を増やすことが求められる。
2.テスト範囲の拡大により、計画的なテスト勉強が求められる。
3.内申点における提出物の重要性が増すため、提出物の期限管理が求められる。
4.学習内容の難易度が上がるため、質の高い復習が求められる。


このうち学習塾に通うことで解決できることは「学習時間を増やすこと」だけです。
学習塾に通っても成績が上がらない場合、「テスト勉強」「提出物」「復習」に問題がある可能性が高く、家庭学習のやり方を見直す必要があります。

コーチング1では以下のポイントで高校受験コーチングを行い、お子さんの志望校合格をサポートします。

1.進学塾別対策コーチング

進学塾を活かすために、「各塾に合わせた家庭学習の対策が必要」です。
コーチング1では以下のように各塾のシステム・特徴に合わせた対策を立案し、コーチングを行います。

高校受験・進学塾別対策コーチング
SAPIX(サピックス)対策コーチング
早稲田アカデミー対策コーチング
市進学院対策コーチング
栄光ゼミナール対策コーチング

ここに記載しているのはほんの一例です。
臨海セミナー、STEP、ena、湘南ゼミナール、中萬学院、明光義塾などの進学塾対策についても豊富な指導経験があります。 それぞれの塾の特性に合わせた目標設定や学習計画を作成し、お子さんの志望校合格を全力でサポートいたします。
※学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、アスペルガー症候群などの発達障害の特性に合った指導も可能です。
発達障害対策コーチングについて詳しく見る

2.志望校別過去問対策コーチング

高校受験は各都道府県ごとに入試制度や入試問題の傾向が違います。(私立の場合は学校ごとに違う)
ですからまずは志望校の入試傾向を把握しましょう。

志望校の入試傾向の把握といっても、実際に過去問を解くという意味ではありません。
実際に過去問を解くのは、中学3年生の11月頃からで構いませんが、大まかな過去問傾向を把握し、家庭学習・学習計画の方向性を定めます。
以下を参考にしてください。

高校受験・志望校別対策コーチング
東京都立高校受験対策コーチング
神奈川県立高校受験対策コーチング
千葉県立高校受験対策コーチング
埼玉県立高校受験対策コーチング
大阪府立高校受験対策コーチング
京都府立高校受験対策コーチング
兵庫県立高校受験対策コーチング
奈良県立高校受験対策コーチング
愛知県立高校受験対策コーチング
内申対策コーチング

また、不登校や特別支援学級に在籍しているため、通常の高校受験が困難な場合もあります。
そのようなお子さんの選択肢の一つとなるように、コーチング1では今治精華高等学校と提携し、同校の通信課程で学習できる環境を用意しております。
通信課程サポートコーチングを詳しく読む

3.家庭学習対策コーチング

1,2のことを踏まえたうえで、学習計画を作成し、家庭学習対策コーチングを行います。
ポイントは「時間管理」「優先順位」です。

高校受験は試験範囲が広く、大量の学習をしなければいけないため、時間管理をしないとあっという間に時間が過ぎていきます。
特に大手塾に通っている場合だと、塾の拘束時間が長いため、限られた時間を有効活用しないとあっという間に時間は過ぎていきます。
当然ですが、お子さんの体力には限界があるため、時間が間延びすればするほど、集中力は低下します。
時間管理を徹底することによって集中力の範囲内で家庭学習が行えるように指導します。

また、時間管理だけでは、不十分です。 なぜなら、塾のカリキュラムは集団に向けて一律に作られているため、必ずしもお子さんの目指している学校やレベルに合うとは限らないからです。
ですから、お子さんにとって本当に必要なことから優先的にこなし、効率の良い学習が行えるように指導します。

最後に

高校受験は「皆、同じスタートラインから始められる」というメリットがある反面、「出遅れると内申点や学力を取り戻すのが難しい」という点でお子さんにとって過酷なものです。 このような過酷な受験を頑張っているにも関わらず、「時間をかけて頑張っているのに成績が上がらない」という事実はお子さんを確実に追い込みます。

「成績が上がらない間違ったやり方」で勉強を続けることは、間違った勉強のやり方が身に付くだけでなく、お子さんの学習への意欲や自信を奪ってしまいます。 お子さんの将来のためにも、何か問題点や気になる点が見つかったときは決して問題解決を先延ばしにしないでください。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159
メールで資料請求・お問い合わせをする