『家庭教師のコーチング1』は首都圏、中京圏、関西圏を中心に、学習管理を行いながら目標達成へ導く「コーチング」に主体をおいた家庭教師です。

中学受験・早稲田アカデミー対策コーチング

早稲田アカデミーでこんなことになっていませんか?

・SSクラスにあがれない
・下位クラスで低迷している
・YT(週テスト)に追われてしまう
・YTより組分けテスト、合不合判定模試が悪い
・家庭学習のやり方がわからない
・MYSTA(個別指導)に通っているのに成績が伸びない
・宿題に追われてしまう
・独特の雰囲気に馴染めない
・志望校のNNに入れなかった
・家庭教師をつけているのに成績が伸びない


早稲田アカデミーで上記のようなことになっていませんか?
実は、これらのことは早稲田アカデミー生のご両親から寄せられる典型的なお悩みです。
早稲田アカデミーは近年素晴らしい実績を出している塾ですが、なぜこのような落とし穴にはまってしまうのでしょうか?
毎年100名以上の早稲田アカデミー生をサポートしている「家庭教師のコーチング1」が、早稲田アカデミーの特徴と対策コーチングを公開します。

勢いナンバーワン!早稲田アカデミーの強み

1.早稲田系の学校に強い
早稲田アカデミーでは、早稲田の名を冠した塾名が表す通り、早稲田系の学校に強い塾です。
2016年の早稲田系中学の合格実績は早実69名、早稲田146名、早大学院68名、合計283名となっており、SAPIXの237名という実績を抑え、ナンバーワンの実績です。
志望校別対策であるNN志望校別コースでの授業内容がこの実績を裏付けています。

2.とにかく「熱い」塾
早稲田アカデミーの雰囲気はいわゆる体育会です。
NN志望校別コースの「NN=何がなんでも」が表すように、志望校合格へのエネルギーにあふれた雰囲気です。
授業開始時は「よろしくお願いします」、終了時は「ありがとうございました」と挨拶したり、授業中の私語が一切禁止など緊張感のある授業となっています。

3.宿題は多いが面倒見は良い
早稲田アカデミーは宿題の量が多く、チェックも厳しいです。
その代わり塾の面倒見は良く、わからなかったところは塾に残してやり残しがないように教えてくれます。
また、定期的に父母会を開催したり、月に1回程度保護者宛に電話がかかってきたり、親御さんとのコミュニケーションも図っています。

4.YTとオリジナルシステムの融合
早稲田アカデミーはいわゆる四谷大塚系(YTネット)の塾です。
四谷大塚の予習シリーズとオリジナルテキストであるWベーシック(新演習問題と中身は同じ)を併用した多角的な学習を行っています。
また、テストについても四谷大塚のYT(週テスト)や組分けテスト、合不合判定テストを利用しており、クラス分けはこれらのテストの結果をもとに行われます。
特にトップクラスであるSSクラスに入るには厳密な合格基準を満たさなければならず、実力主義が徹底されています。

早稲田アカデミーでつまずきやすいポイント

1.神奈川の学校に弱い
早稲田系中学の実績を筆頭に躍進著しい早稲田アカデミーですが、SAPIX、日能研と比べて、神奈川の学校の合格実績がいまひとつです。
具体的には早稲アカの2016年神奈川御三家実績113名に対し、SAPIX599名、日能研247名となっています。
神奈川の難関・上位校を狙うのでしたら、独自の対策が必要となります。
また自身の志望校のNN志望校別コースに入れなかった、もしくは志望校のNN志望校別コースがない場合も独自の対策が必要となります。

2.向き不向きがはっきりしている
確かに早稲アカは自分の意志をはっきり言葉にあらわせたり、積極的な子にはぴったりの塾です。
しかし、うまく考えを表現できなかったり、おとなしいお子さんにとってはついていくのが難しい塾かもしれません。
せっかく塾に残って勉強していたのに全然質問できなかった、なんてことになってしまうと本末転倒です。
特に受験本番が近づくにつれて緊張感のある雰囲気がプレッシャーとなり、余計なストレスを感じてしまうお子さんもいます。
お子さんに向いている塾なのかどうかしっかりと見極めてください。

3.塾の拘束時間が長く相対的に家庭学習の時間が減ってしまう
面倒見が良い反面、塾の拘束時間が長くなり、相対的に家庭学習をする時間が減ってしまうというデメリットが生じてしまいます。
どんなに面倒見が良い塾でも、塾で中学受験の勉強を全てカバーすることはできません。(塾で通常授業以外にできることは、わからない問題の質問を受け付け、解説してあげるところまでです。)
解説してもらった問題をしっかりと復習し、弱点補強することは家庭学習でしかできないのです。
ですから家庭学習の時間が不足するとあっという間に消化不良になってしまいます。
いたずらにMYSYA(個別指導)や家庭教師をつけても、うまく行きません。

4.YTや合不合判定テストなどのテストに追われてしまう
YT(週テスト)や組分けテストは学習の進捗状況を確認できる反面、クラス分けのプレッシャーから目先のテストで点数を取るための勉強をはじめてしまうお子さんがいます。
しかし、目先の点数にこだわった対策を行えば、通常の学習時間が圧迫され、復習が疎かになってしまいます。
すると一時的にYTの点数をあげることはできても、知識が定着しないことから、組分けテストや合不合判定テストでは成績の波が大きくなり、中長期的に成績が低迷してしまいます。
ちなみに合不合判定テストは他塾の生徒も受けるため、普段のテストより成績が悪くなりがちです。
そのことを知らずに、5年生までの成績で油断してしまうと、目標達成から一気に遠のいてしまいます。

家庭教師のコーチング1の早稲田アカデミー対策コーチング

数多くの中学受験生を合格へ導いた、早稲田アカデミー対策のプロである「家庭教師のコーチング1」なら、このような方針で対策コーチングを行います!

1.志望校に合わせた過去問対策
NN志望校別コースに入れなかった、志望校のNN志望校別コースがない、神奈川の上位校を狙いたいという場合、不足してしまう志望校別の過去問対策コーチングを行います。
お子さんに志望校の過去問傾向を分析し、問題傾向に合わせて無駄を省いた対策を立案します。
また、過去問対策は長期的な対策が必要なケースがあります。
この場合、受験直前からのスタートでは間に合わないため、志望校が決定した段階で志望校の過去問傾向を分析し、早いタイミングから志望校へ向けた対策コーチングを行います。

2.塾で質問できない問題のフォロー
うまく考えを表現できなかったり、おとなしいお子さんは塾に残って勉強していても、質問ができないことがあります。
また、質問できても1、2問しか聞けず、残った時間の割りには解決できた問題が少ないということになりがちです。
塾で質問できない問題のフォローを行い、積み残しを無くす指導を行います。

3.限られた家庭学習時間の効率UP
塾でうまくできたとしても、その後の復習が不足してしまうと、成績は低迷してしまいます。
しかし、早稲田アカデミーでは塾での拘束時間が長いため、限られた家庭学習の時間を効率的に使って復習しなければなりません。
ですから、テキストや問題をやみくもにこなすのではなく、目標や学力に合わせて予習シリーズ・Wベーシックの問題を取捨選択し、得意・不得意に合わせて優先順位をつけた学習計画を作成します。
さらにそれらの問題に適切な時間配分をつけ、テキストを有効活用するコーチングを行います。

4.YTや組分けテスト、合不合判定テストの復習
テストの結果だけに捉われて一喜一憂することは、結果が良かろうが悪かろうが受験生にとって最も良くない行為です。
テストはあくまで復習の材料です。
復習といっても解答・解説に目を通し、解き直しをするだけでは不十分です。
結果を分析し、判明した弱点や問題点をフィードバックすることによって、復習効率を追求するコーチングを行います。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159
メールで資料請求・お問い合わせをする