『家庭教師のコーチング1』は首都圏、中京圏、関西圏を中心に、学習管理を行いながら目標達成へ導く「コーチング」に主体をおいた家庭教師です。

中学受験・TOMAS(トーマス)対策コーチング

個別指導なのに進学塾!TOMAS(トーマス)の強み

1.完全1対1の指導
実はマンツーマンのイメージが強い個別指導ですが、必ずしも「個別指導=1対1」ではありません。
個別指導を謳っている多くの業者は「一人の先生に対し二人の生徒」、もしくはそれ以上の生徒に指導を行います。
それに対し、TOMASでは完全1対1での指導を行っています。
また、個別指導では養えない競争意識を補うために、グループ授業も用意しており、組み合わせることが可能です。

2.オリジナルテキストとテストがある
「個別指導なのに進学塾」と謳う通り、中学受験用のオリジナルテキストとオリジナルテストがあります。
テキストは基礎・標準レベルの問題が豊富にあり、使いやすい内容となっています。

3.学習状況に応じてカリキュラムをカスタマイズできる
TOMASで中学受験をする場合、大きく分けて「他塾との併用」もしくは「TOMASのみで受験」の二パターンを選べます。
他塾との併用であれば、強化したい科目だけを選択し、学習状況に応じた指導を受けることができます。

TOMAS(トーマス)でつまずきやすいポイント

1.TOMASだけで中学受験をすると高額になる
TOMASの中学受験コースだと、週1回1コマで、月額3万円程度かかります。
通常、中学受験塾のカリキュラムだと週3回2コマは必要となりますから、TOMASだけで受験をしようと思うと月額20万近くかかってしまいます。
とはいえ、月謝が厳しいという理由で、中途半端なカリキュラムを組んでも合格は望めません。
TOMASだけでの受験は富裕層向けといえるでしょう。

2.不必要なテキストを勧められることがある
他塾とTOMASを併用する場合、すでに中学受験用のテキストがそろっていると思います。
しかし、「塾についていくために基礎を強化しましょう」といった理由で、TOMASのオリジナルテキストを勧められることがあります。
「言われるがままに購入したら、すでに持っているテキストとあまり変わらなかった」なんてことがしばしばあります。
本当に必要なテキストかどうかきちんと見極める必要があります。

3.塾の指導だけで満足してしまう
個別指導だと、どうしても塾に任せきりになりがちです。
しかし、いくら個別にわからないところを丁寧に解説してもらっても、習った後に適切な復習をしなければ成績は伸びません。
ですから、塾に任せきりになり、習うことで満足し、家庭学習が疎かになってしまうと本末転倒になってしまいます。
また、TOMASのテストの結果で満足することもお勧めできません。
なぜなら、外部の模擬試験を受けると偏差値が10以上違うことがよくあるからです。
TOMASをうまく使いこなすには、「家庭学習の重要性の認識」と「全体の中での位置づけの確認」が必要不可欠となります。

コーチング1のTOMAS(トーマス)対策コーチング

TOMASの利用方法の相談
ご家庭の経済状況を踏まえた上でTOMASの上手な利用方法の相談に乗ります!

学習状況にあわせたカリキュラムの取捨選択
お子さんの学習状況を分析し、必要なテキスト・問題に優先順位をつけ、カリキュラムをアレンジします!

学習計画を作成
塾任せではなく、お子さんの全体の中での位置づけを正確に分析し、必要な対策を盛り込んだ学習計画を作成します!

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159
メールで資料請求・お問い合わせをする