家庭教師のコーチング1

東海中学校・過去問対策コーチング

東海中学校・算数

試験時間:50分
満点:100点
問題難易度:B(A・B・C・D・Eの5段階)

算数・過去問傾向分析
東海中学校の算数は試験時間が50分、満点は100点、奇抜な問題や特別な知識を必要とする問題は出題されません。
ただし、一見すると標準的な問題に見えてもよく読むと解き方に工夫を要する問題や途中式や考え方を書かされる問題が含まれ、思考力が求められる問題傾向となっています。
内容としては、分数・小数の絡んだ四則計算、速さ、比・割合、数の性質、平面・立体図形等から出題され、難関男子校らしい問題構成となっています。
文章題では「和と差の問題」、図形では「比を使った図形問題」、割合では「比の応用」、数の性質では「規則性」が頻出です。
規則性では思考力の中でもいくつかの条件から問題を解く条件を見つけ出す力、複数の条件を組み合わせて問題を解く力、さらに条件を探し出す力まで問われます。

算数・過去問対策コーチング
東海中学校・算数の合格目安は60%です!
奇抜な問題や特別な知識を必要とする問題は出題さませんので、分数・小数の絡んだ四則計算、速さ、比・割合、場合の数、平面・立体図形を中心に基本〜標準レベルの問題を数多く解き、基本的な知識をつけてください。
ただし、普段から問題を解くときに、解答だけでなく途中の計算や考え方を書き残し、論理を積み重ねるように解答を書く習慣をつけましょう。
また、単に答えを導くだけでなく、別の解き方を考えてみるようにし、普段から思考力を意識した学習を行いましょう。
特に場合の数は普段からの取り組みが大切です。
ただ全て書き出して解くのではなく、典型的なサイコロの目の和のパターンなどは覚えておき、全て書き出さずに答えを出せるように、場合の数の感覚を身につけられるかがポイントです。

東海中学校・国語

試験時間:50分
満点:100点
問題難易度:B(A・B・C・D・Eの5段階)

国語・過去問傾向分析
東海中学校・国語の試験時間は50分、満点は100点、論説・説明文から1題、小説・物語文から1題というオーソドックスな問題構成となっています。
文章量が多く、早く正確に読む力と語彙力が必要となります。
知識問題は文章と絡めて出されますが、漢字は小学校の教育漢字の範囲から出題される点が救いです。
論説・説明文では説明している内容を正確に読みとる力、小説・物語文では登場人物の心情や情景描写を適切に読みとる力が求められます。
また、自分の考えも交えて答える、長めの記述問題も出されるため、注意が必要です。

国語・過去問対策コーチング
東海中学校・国語の合格目安は60%です!
ポイントは正確で素早い「読解力」です。
読解は感覚ではなく、テクニックです。
「指示語の理解」「接続詞の理解」「意味段落分け」「登場人物の整理」「場面の変化(時間、場所、人の移動など)」「会話文(台詞)」など、読解のテクニックを一つずつマスターしてください。
さらに普段から時間制限を設けて、読解を行い、読解スピードも養いましょう。
記述力については、どんどん書いて、添削をしてもらうことに尽きます。
論説・説明文は主題の要約、小説・物語文ならあらすじや登場人物の心情を中心にまとめ、添削して、レベルアップを図りましょう。
漢字については日々の積み重ねです。
毎日の学習スケジュールに組み込んで、計画的にこなすようにしてください。
特に朝の30分、もしくは夜寝る前の30分を有効活用しましょう。
国語の力は一朝一夕では身につきません。
社会的なことに興味関心を持ち、自分の意見を持ったり、言葉や態度から相手の心情を読みとったり、自分の感情を言葉で表現するなど、普段から言葉を意識するようにしましょう。

※理科・社会の対策は割愛させていただきます。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする