家庭教師のコーチング1

東邦大学付属東邦中学校・過去問対策コーチング

東邦大学付属東邦中学校・算数

試験時間:45分
満点:100点
問題難易度:C(A・B・C・D・Eの5段階)

算数・過去問傾向分析
東邦大学付属東邦中学校・算数は例年、計算問題が5題前後出題されます。
小数・分数が絡んだ四則計算や□を求める還元算などやや込み入った計算も出されるため、ここを得点源に出来るかどうかは重要です。
難易度は全体的に標準レベルですが、上位校のように「図形」を重視した問題構成となっています。
具体的には「面積・長さ」「相似比・面積比」がよく出され、また年度によっては作図の問題が出るなど、平面図形の力が問われます。
その他は速さ(旅人算)、条件整理、場合の数が出されることが多いです。

算数・過去問対策コーチング
東邦大学付属東邦中学校・算数の合格目安は70%です!
本校の算数は丁寧な計算が求められる問題が多く出されますので、「正確な計算力の養成」が算数攻略の大前提となります。
日々の学習計画を立て、サピックスの「基礎力トレーニング」などの問題集を一冊やり込んでください。
その際、時間を決めて取り組んでください。
入試本番では制限時間があるので、緊張感の中で問題を解かなければなりません。
普段から時間を制限し、緊張感の中で問題を解く習慣をつけることによって、計算ミスを減らすことができます。 もちろん、計算力は一朝一夕に身につくものではないので、少なくとも6年生になる前までには身につくように計画を立ててください。
その上で「平面図形」の力を強化しましょう。
様々な角度から問われるので、図形問題の幅広い解き方を身につけ、割合や比を利用する応用的な解法までマスターしましょう。

東邦大学付属東邦中学校・国語

試験時間:45分
満点:100点
問題難易度:C(A・B・C・D・Eの5段階)

国語・過去問傾向分析
東邦大学付属東邦中学校・国語は小説・物語文から1題、論説・説明文から1題ずつ出題されます。
文章量も多くなく、テーマも難解なテーマを取り扱うことはないので、読みやすい内容となっています。
解答形式は選択式と書き抜き中心ですが、選択肢といっても登場人物の心情を深く理解していなかったり、全体の文意を把握していないと誤答してしまう問題が多いので注意が必要です。
また、書き抜き問題も思ったより時間がかかる問題が多いので、質問の意図を正確に理解し、適切な箇所を素早く見つける能力が問われます。

国語・過去問対策コーチング
東邦大学付属東邦中学校・国語の合格目安は70%です!
「スピーディーで正確な読解力」が身につけられるかどうかが合否をわけるポイントとなります。
前提として、時間管理のない学習では、合格は難しいと思ってください。
常に時間を定めた学習計画を作成し、速読・速解をする習慣を身につけてください。
読解力は、論説・説明文なら「指示語の理解」「接続詞の理解」「意味段落分け」「要約」、小説・物語文ならこれに加え、「場面の変わり目」を押さえる学習を行い、正確な読解力を養いましょう。
知識問題も重要です。
漢字、熟語、慣用句などがまとめられたテキストを毎日のルーチンワークに組み込み、語彙を増やす努力も怠らないで下さい。
語彙の力は、読解する上で確実に武器となりますので、軽視せずに練習を積み重ねましょう。

※理科・社会の対策は割愛させていただきます。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする