家庭教師のコーチング1

早稲田実業中等部・過去問対策コーチング

早稲田実業中等部・算数

試験時間:60分
満点:100点
問題難易度:B(A・B・C・D・Eの5段階)

算数・過去問傾向分析
早稲田実業・算数の試験時間は60分、満点は100点、大問5題程度出されます。
はじめの2~3題は計算問題と一行問題、後半は、2~3問程度の小問を含む応用問題となっており、問題構成はオーソドックスです。
難易度は他の大学付属校系の学校と比べると高く、男子上位校のように平面・立体図形などの「図形」、規則性や場合の数などの「数の性質」が頻繁に出題されます。
また、特殊算も毎年出題されます。
特に図形問題は基本的な長さ・面積・角度などの問題から、面積比・相似比を使う応用的な問題、さらにはパズルのようなクセのある問題まで幅広く出題されますので、図形の力が合否を分けます。
倍数算、年齢算、割合と比、点の移動などの問もよく出されます。

算数・過去問対策コーチング
早稲田実業・算数の合格目安は65%です!
攻略のポイントは「苦手な単元をつくらないこと」と「図形の力」です。
まずは土台作りとして、計算力を身につけることです!
毎日の学習計画を立て、日能研の『マスター計算問題集』などの計算問題集を一冊つぶしこみましょう。
その際、時間と分量を決めて取り組んでください。
時間配分を意識しながら、問題を解くことによって、緊張感への耐性がつき、解答の正確性が増していきます。
ケアレスミスは命取りになるため、常に途中式を書き、最も効率的な解法で解くように心がけましょう。
同様に、特殊算、数の性質・場合の数、割合、図形の単元を中心に、標準レベルまで復習を徹底し、定着させましょう。
その上で、図形の力の養成です。
典型的なパターンを見につけるだけでなく、点の移動と絡めた複合問題まで手が出るようにしてください。
加えて、クセのある問題には慣れるしかないため、早い段階で過去問に手をつけるようにしましょう。

早稲田実業中等部・国語

試験時間:60分
満点:100点
問題難易度:B(A・B・C・D・Eの5段階)

国語・過去問傾向分析
早稲田実業・国語の試験時間は60分、満点は100点、大問数は2~3題程度です。
難関校の中では記述が少なく、解答形式は選択式、適語補充、抜き出しが中心という特徴があります。
出題される題材は、小説・物語文から1題、論説・説明文から1題と、ここ数年安定しており、対策が立てやすいです。
ただし、大人の言葉を遣った文章が出題される傾向があり、語彙が少ないと問題の意味さえ理解できず、非常に苦戦します。
知識問題では言葉のきまりや敬語など一般的なものに加え、文学史に関する問題も出題されることがあるため、注意が必要です。

国語・過去問対策コーチング
早稲田実業・国語の合格目安は65%です!
ポイントは「語彙力」と「基本的な読解力」です。
語彙については積み重ねが重要です。
朝もしくは寝る前の15~30分程度、基礎トレとして知識問題の練習を学習スケジュールに組み込んでください。
そして活きた言葉に触れましょう。
「本をたくさん読めばいい」とよく言われますが、大手進学塾のカリキュラムに追われ、忙しい受験生には現実的ではないかもしれません。
ですから本でなくても構わないので、教科書の文章や新聞、雑誌などに慣れ親しみ、活字に触れてください。
加えて、普段から漢字や言葉の読みや意味などに疑問を持ったら、すぐに辞書を引きましょう。
人に聞いても構いません。
会話の中でも国語に触れ合える環境を周りも協力しながら、語彙力を養成していきましょう。
読解力は感覚ではなく、読解の技術を身につけましょう。
論説・説明文についてはマーキングしながら「指示語の把握」「接続詞の理解」「意味段落分け」などのポイントを押さえ、内容を正確につかみとってください。
小説・物語文については上記のポイントに加え、「登場人物の整理」「台詞の整理」「場面の変わり目」をつかむ練習も行いましょう。
これらの点を踏まえたうえで、過去問に取り組んでください。
やり方を間違うと大きく差が出てしまう科目だと認識し、計画的に練習を積んでいきましょう。

※理科・社会の対策は割愛させていただきます。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする