家庭教師のコーチング1

四天王寺中学校・過去問対策コーチング

四天王寺中学校・算数

試験時間:60分
満点:120点
問題難易度:B〜C(A・B・C・D・Eの5段階)

算数・過去問傾向分析
四天王寺中学の算数は、試験時間が60分、満点は120点となっています。
大きな特徴としては文章題分野の出題が多く、全体の4割も出されることです。
特に「旅人算」「場合の数」が頻出で、毎年のように出題されています。
次いで「図形」が多く出題されますが、図形については他の難関校と比較すると出題の割合は低くなっています。
とはいえ、「多角形の面積」「円の面積」「相似比・面積比」など応用的な問題が出題されるため、油断はできません。
また「計算問題」は他の難関校と比較すると多く出題され、基礎力の定着度も見られる問題となっています。
基礎・標準的な問題が多いですが、2問程度は難しい問題が出題されるので、注意が必要です。
四天王寺は受験生のレベルも高く、毎年受験者平均点が6割程度なので文章題の正答率が合否を分けます。

算数・過去問対策コーチング
四天王寺中学校・算数の合格目安は英数㈵は60%、英数㈼は65%です。
全体的に標準的な問題が多いのですが2問は若干難しい問題が出題されます。
その他の問題を十分時間をかけて確実に解いていけば合格点は確保できます。
また、出題傾向がはっきりしていますので、受験が近づけば出題傾向に沿った学習方法が効果を上げることになります。

四天王寺中学校・国語

試験時間:60分
満点:120点
問題難易度:B(A・B・C・D・Eの5段階)

国語・過去問傾向分析
四天王寺中学校・国語の試験時間は120分、満点は60点、平成19年より大問3題の出題形式になり、物語文・随筆文・説明文が各1題となり、問題形式では、選択問題と記述問題がバランスよく出題されています。
長字数の記述こそありませんが、40字程度の記述問題が3題程出題されます。
漢字語句問題や文法問題も数題もりこまれています。漢字の読み書きは、通常5〜6題の出題となります。

国語・過去問対策コーチング
四天王寺中学校・国語の合格目安は英数㈵は60%、英数㈼は65%です!
ポイントは過去問題を解くことが近道です。
物語文が最初に来ることが予想されますが、時間を使いすぎると後半の問題に時間がかけられなくなります。
後半部分には客観問題が多く配置されていますので、うまく時間を使って解くことも大切です。
国語の問題では、確実に得点できる部分を多くすることが合格点に近づくことになります。
語句知識・文法知識・読解知識などを身につけておくことが必要となります。

※理科・社会の対策は割愛させていただきます。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする