『家庭教師のコーチング1』は首都圏、中京圏、関西圏を中心に、学習管理を行いながら目標達成へ導く「コーチング」に主体をおいた家庭教師です。

中学受験・SAPIX(サピックス)対策コーチング

SAPIX(サピックス)でこんなことになっていませんか?

・進度が速すぎてついていけない
・宿題が多すぎて終わらない
・αクラスにあがれない
・下位クラスで低迷している
・マンスリーテストより組分けテストの結果が悪い
・復習する時間が十分に確保できない
・プリバート(個別指導)に通っているのに成績が伸びない
・志望校別のSS特訓に入れなかった
・家庭教師をつけているのに成績が伸びない


SAPIXで上記のようなことになっていませんか?
実は、これらのことはSAPIX生のご両親から寄せられる典型的なお悩みです。
SAPIXは圧倒的な実績をほこる素晴らしい塾ですが、なぜこのような落とし穴にはまってしまうのでしょうか?
毎年100名以上のSAPIX生をサポートしている「家庭教師のコーチング1」が、SAPIXの特徴と対策コーチングを公開します。

実績ナンバーワン!SAPIX(サピックス)の強み

1.御三家中学合格に圧倒的な実績
「御三家中学を目指すならSAPIX」といわれ、抜群の実績を出している塾です。
実際に2016年度合格実績では開成251名、麻布174名、武蔵44名となっており、SAPIXよりも生徒数が多い日能研の2016年度合格実績(開成56名、麻布68名、武蔵45名)と比べても非常に高い実績となっております。
2011年からは関西にも進出し、灘や大阪星光などの関西難関校の実績作りにも乗り出しています。
これらの実績は通常授業のレベルが高いだけでなく、通常授業から独立した特別講座である土曜特訓(土特)および6年生後期からはじまる志望校別のサンデーサピックス特訓(SS特訓)のレベルが高さによって裏付けられています。
特にSS特訓の中でも学校名を単独で冠している開成コースなどのいわゆる「冠コース」の授業は非常にレベルが高く、全国でもトップクラスの内容となっています。

2.使用テキストのボリューム・質が高い
SAPIXでは質の高いテキストが十分に与えられます。
例えば5年生の算数では基礎力トレーニング、デイリーサピックス、デイリーサポートというテキストが渡されます。
基礎力トレーニング(基礎トレ)には、計算と一行問題レベルの問題が詰まっています。(毎日10問ずつこなす)
デイリーサピックスとデイリーサポートには、基礎から応用まで難易度別に問題が掲載されているので、十分に問題演習と復習を行うことができます。(デイリーサポートは低難度から順にA~Eとページごとに難易度分け、デイリーサピックスは低難度から順に★、★★、★★★と問題ごとに難易度分け)
さらに、SAPIXでは毎年テキストを改訂し、更なる質の向上を図っています。

3.少人数制の能力別クラス
SAPIXでは少人数制の能力別クラスを採用し、1クラス15~20人程度の細かいクラス分けを行っています。(下位クラスからアルファベット順A・B・C・D……、上位クラスはα1・α2・α3・・となっている)
この仕組みのメリットはクラス内の実力差を均等化でき、授業効率があがるということです。
クラスはマンスリーテスト、組分けテストによって頻繁に昇降するため、現在の実力が反映されやすいクラス分けとなっています。(マンスリーテストはクラスの昇降数に制限がありますが、組分けテストは無制限にクラスが変動)

4.復習主義に統一されている
SAPIXでは新しい授業を受けるときに単元ごとにまとめられたテキストが配布されます。
これにより予習をすることができず、予習・復習に時間を分散させることなく、復習に集中することができます。
算数で使用するデイリーサポートは両面刷りになっているという特徴があります。
これは授業中に表面の演習問題を行い、家では裏面を使って復習できるようにするためです。
また算数の授業はA、B二種類に分かれており、算数Bで新しい単元を習い、算数Aで復習をするという授業の構成になっています。
テストについても、授業内容の復習テストであるデイリーチェック、一ヶ月の範囲の復習テストであるマンスリーテスト、これまでの範囲の復習テストである組分けテストと、様々な角度から復習できるテスト構成となっています。
このようにSAPIXはテキストや塾の仕組みが復習型に統一されているため、エネルギーが分散せず、効率的な学習ができます。
他にも、通常授業とは別に個別指導のプリバートが併設されている校舎もあり、分からない点をプリバートで個別に質問し、復習効率をあげることも可能です。

SAPIX(サピックス)でつまずきやすいポイント

1.中堅校・下位校狙いの塾ではない
基本的には御三家・難関中学のための塾ですので、中堅校や下位校狙いのお子さんにとってSAPIXのカリキュラムは質・量ともに過剰な内容となっています。
そのため、志望校や目標に合わせて各家庭でカリキュラムをアレンジする必要があります。
また、志望校別のSS特訓についても「冠コース」以外は独自に対策を考えなくてはなりません。
なぜなら単独の学校名がついている「冠コース」以外は、必ずしも志望校に最適な授業を行っていないからです。
実はSAPIXでは各校舎ごとにコースを設ける仕組みのため、全員の志望校に合わせたコースを作ることが難しく、便宜上、レベルごとにざっくりとクラスを分けざるをえないのです。
例えば、「慶應・海城コース」というコースの場合、この二つの学校の問題傾向は大きく違うため、それぞれの学校の傾向に合わせたきめ細やかな対策を行うことは困難です。
志望校のコースがないこともあるので、SS特訓頼みにならないようにご注意ください。

2.テキストのレベルが高すぎる
SAPIXのテキストは確かに質が高く、非常によくできたテキストです。
しかし、問題量が多く、なおかつ難易度が高い問題も数多く含まれるため、やみくもにこなそうと思うと無理が生じてしまいます。
例えば、デイリーサポートは低難度から順にA~Eとページごとに難易度分けがされています。
この中でEページについては御三家・難関中学を目指さない限り、やる必要のない問題ばかりです。(同じくデイリーサピックスの★★★の問題も御三家・難関中学狙い以外は必要のない問題ばかり)
αクラスに入りたいという理由でEまで全て手を出すお子さんがいますが、実際にはCまでのミスが足を引っ張っているケースがほとんどです。
自分の志望校や今のレベルでは必要のない問題に時間をとられ、本来必要な問題への対策を怠ってしまっては本末転倒です。
SAPIXのテキストをうまく使うためには、志望校・学力に合わせた「問題の絞り込み」と「優先順位つけ」が必要不可欠となります。

3.テストの結果でやる気が減退してしまう
SAPIXではデイリーチェックやマンスリーテスト、組分けテストなどテストやそれに伴うクラス分けが頻繁に行われます。
テストを復習の材料として使えばいいのですが、どうしてもテストの結果に気をとられ、お子さんのモチベーションを減退させてしまうことがあります。
さらに最もよくないことは、目先のテストにとらわれテストに向けた突貫工事のような勉強を始めることです。
デイリーチェック、マンスリーテスト程度なら対策をすることも出来ますが、組分けテストでは範囲が広すぎるため実のある対策はできません。
それでも無理矢理テスト対策をしようとすると、通常の勉強時間が圧迫されてしまい、中長期的に成績を下げてしまいます。

4.周りのサポートが不可欠
SAPIXのテキストは解説が丁寧とはいえません。
解説が丁寧でないことが原因となり、最も簡単なテキストである基礎力トレーニングでさえも分からない問題が積み残しになっているというケースも少なくありません。
プリバートや家庭教師を利用すれば分からない問題を質問・解決することは可能ですが、その後の復習のやり方までは指導してくれません。
また、先述の通り、SAPIXのテキストは、うまく使いこなすために工夫が必要なものばかりです。
そうはいっても小学生のお子さんがテキストの使い方を工夫し、スケジュール管理を行い、適切な復習することは非常に困難です。
ですから決して子供任せにせずに、「いかに周りが適切にサポートできるかどうか」がSAPIX攻略のポイントなります。

家庭教師のコーチング1のSAPIX(サピックス)対策コーチング

数多くの中学受験生を合格へ導いた、SAPIX対策のプロである「家庭教師のコーチング1」なら以下の方針で対策コーチングを行います!

1.志望校に合わせた過去問対策コーチング
SAPIXのSS特訓では不足してしまう志望校別の過去問対策コーチングを行います。
お子さんに志望校の過去問傾向を分析し、問題傾向に合わせて無駄を省いた対策を立案します。
また、過去問対策は長期的な対策が必要なケースがあります。
この場合、受験直前からのスタートでは間に合わないため、志望校が決定した段階で志望校の過去問傾向を分析し、早いタイミングから志望校へ向けたコーチングを行います。

2.『デイリーサポート』『デイリーサピックス』『基礎トレ』の有効活用
SAPIX対策の最重要ポイントは、お子さんの志望校や学力に合わせて効果的にテキストを使用することです。
膨大かつ難易度の高い問題をやみくもにこなすのではなく、目標や学力に合わせて「デイリーサポート」「デイリーサピックス」の問題を取捨選択し、得意・不得意に合わせて優先順位をつけた学習計画を作成します。
さらにそれらの問題に適切な時間配分をつけ、テキストを有効活用するコーチングを行います。

3.デイリーチェック・マンスリーテスト・組分けテストの見直し
テストの結果だけに捉われて一喜一憂することは、結果が良かろうが悪かろうが受験生にとって最も良くない行為です。
テストはあくまで復習の材料です。
復習といっても解答・解説に目を通し、解き直しをするだけでは不十分です。
結果を分析し、判明した弱点や問題点をフィードバックすることによって、復習効率を追求するコーチングを行います。

4.復習を盛り込んだ学習計画の作成
復習主義のSAPIXについていくためには、質の高い復習のやり方を身につけなければなりません。
適切な復習は「いつ・どこを・どのようにやるか」が明確にできるかどうかがポイントです。
しかし、これらのことを口頭やメモ書き、ToDoリストのような形式で指示をしても小学生にとっては不十分です。
時間割形式で、復習スケジュールを盛り込んだ学習計画を作成し、お子さんを合格へ導きます。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159
メールで資料請求・お問い合わせをする