家庭教師のコーチング1

桜蔭中学校・過去問対策コーチング

桜蔭中学校・算数

試験時間:50分
満点:100点
問題難易度:B(A・B・C・D・Eの5段階)

算数・過去問傾向分析
桜蔭中学・算数の最大の特徴は、問題数が多いため、スピーディーに問題をこなすことが求められるという点です。
特に途中の計算量がとても多く、マイペースで計算を解く子はかなり苦戦する傾向となっています。
ただし問題の難易度が極端に高いということはなく、ほぼ基本・標準レベルの問題で構成されている点では救われます。
男子御三家のように、解法の方針が立てにくかったり、高度な思考力を問われる難問はまず出ないと考えていいでしょう。
内容を見ていくと、還元算、数、規則性、立体図形、円とおうぎ形の問題が特によく出題されます。
基本・標準レベルの問題が多いといっても、立体図形の問題は展開図や立体の切断面などの応用的な問題が出ます。
他の分野で確実に得点できる対策をとるのであれば、これらの分野は捨てても良いでしょう。
全体的には規則性と、数の問題を焦らずに落ち着いて解けるかどうかが合否の分かれ目になります。

算数・過去問対策コーチング
桜蔭中学は合格最低点が公表されていませんが、65%を目安に学習をすればよいでしょう。
ポイントは「計算力」の育成です。
塾で貰っている「計算日記」や「計算と一行問題集」などの基礎トレのテキスト毎日計画的にやり込んでください。
その際、必ず「毎日続けること」と「時間を決めること」を守らせてください。
何日かおきにまとめてやったり、時間を決めずにダラダラやっても効果は上がりません。
特に桜蔭はスピードと正確性が求められる傾向ですから、やや厳しい時間設定にし、緊張感の中でスピーディーかつ正確に解く練習を積み重ねてください。
特に還元算についてはミスがなくなるまでやり込んでください。
また、効率の良い学習をしましょう。
女子御三家だからといっていたずらに手を広げるのではなく、基本・標準レベルの問題に絞り、このレベルの問題の精度を上げていきましょう。
応用レベルの問題まで手を出すのは「展開図」「円とおうぎ方」「規則性」に絞り、特に規則性の問題は確実に得点源になるように練習を積んでください。
その上で間違えた問題、あいまいな問題を副教材等の類題を使って、復習を行い、穴の潰し込みを行っていきましょう。

桜蔭中学校・国語

試験時間:50分
満点:100点
問題難易度:A(A・B・C・D・Eの5段階)

国語・過去問傾向分析
例年、論説・説明文から1題、小説・物語文から1題出題され、ほぼ全て記述問題となります。
全体的に易化傾向にありますが、テーマ自体は「文化・文芸論」が取り上げられたり、非常に難解です。
また、小説・物語文では「少女の心の成長」をテーマにした問題がよく出題されますが、これも文章量が多い上に大人でも分かりにくい比喩表現(隠喩や暗喩など)が使われるため非常に難解です。
近年、文章の総文字数が6000字程度に減少していましたが、平成22年度から9000字程度に増えました。
「スピード」と「高度な読解力」が前提となる問題傾向です。
記述問題についてはどれも抽象的で、文章を表現する力を試すような問題傾向が見受けられます。
概して知識よりも理解力・思考力が問われる傾向にありますが、決して知識問題が易しいわけではありません。
漢字・慣用句などは他の学校よりもはるかに難解なので注意が必要です。

国語・過去問対策コーチング
桜蔭中学は合格最低点が公表されていませんが、60%を目安に学習をすればよいでしょう。
時間管理のない学習では「文章読解のボリュームの大きい」桜蔭の国語には太刀打ちできません。
常に時間を定めた学習計画を作成し、スピーディーに読解・解答をする習慣を身につけてください。
ほぼ全て記述問題ですが、記述の前提は読解力です。
ですからまずは読解力養成を中心に学習を組み立てましょう。
論説・説明文なら「指示語の理解」「接続詞の理解」「意味段落分け」「要約」、小説・物語文ならこれに加え、「場面の変わり目」を押さえる学習を行い、読解の正確性を養いましょう。
その上で記述の対策です。
テキストなどでは選択式の問題も全て記述式で解答するなど、普段から記述式で解答していく習慣をつけましょう。
また表現力を身につけるためには、読後ノートをつくり、第三者に添削してもらうことをお勧めします。
知識問題も重要です。
漢字、語句、言葉のきまりがまとめられたテキストを毎日のルーチンワークに組み込み、語彙を増やす努力も怠らないで下さい。
語彙の力がなければ比喩表現などの抽象的な表現法が理解できず、問題が1問も解けないという事態にも陥りかねません。
桜蔭を狙うなら、基本的な国語の力は5年生までで仕上げ、早い段階から過去問題に取り掛かってください。
そして何度も過去問題を繰り返し、独特なテーマや抽象的な表現に慣れましょう。

※理科・社会の対策は割愛させていただきます。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする