『家庭教師のコーチング1』は首都圏、中京圏、関西圏を中心に、学習管理を行いながら目標達成へ導く「コーチング」に主体をおいた家庭教師です。

中学受験・希学園対策コーチング

希学園でこんなことになっていませんか?

・下位クラスで低迷している
・復テ(復習テスト)に追われてしまう
・復テより公開テストが悪い
・家庭学習のやり方がわからない
・宿題が終わらない
・polick(個別指導)が活用できない
・オプション選択で悩んでいる
・家庭教師をつけているのに成績が伸びない


希学園で上記のようなことになっていませんか?
実は、これらのことは希学園生のご両親から寄せられる典型的なお悩みです。
希学園は面倒見の良さで評判の塾ですが、なぜこのような落とし穴にはまってしまうのでしょうか?
毎年100名以上の希学園生をサポートしている「家庭教師のコーチング1」が、希学園の特徴と対策コーチングを公開します。

多数精鋭のエリート塾!希学園の強み

1.徹底した復習主義
希学園の授業は徹底した復習主義のスタイルです。
各学年ともに入塾時に、学習単元と使用テキスト範囲が明示された一年間の学習計画表が配布され、それに従って授業は勧められます。
また、毎回「宿題プリント」が課せられ、きちんと勉強できているかどうかを講師がチェックします。
テストは1週間ごとに行われる「復習テスト」と毎月「公開テスト」が実施され、「授業→宿題プリント→確認テスト→復習テスト→公開テスト」の循環によって定着をはかるのが希学園の最大の特徴といえます。

2.フォロー体制がしっかりしている
希学園では小5まで各クラスに担任がつき、保護者や生徒の相談の窓口になります。
さらに小6になるとクラス担任制度に代わり、「チューター制度」という担任制度が取り入れられます。
これは専任講師が塾生一人一人に対して担当につき、電話・交換ノート・個別相談を中心に勉強方針の徹底を図る仕組みです。
また、チューター制以外にも、「居残りサポートルーム」があります。
教室にはその日の担当講師がいて自習室を管理、その日の宿題を中心とした自習ができるようになっています。
加えて、個別指導の「polick」が併設されている校舎もあるので、うまく利用すれば分からない問題をタイムリーに解決することができます。

3.「公開テスト」の信憑性が高い
希学園の「公開テスト」は、希学園の全塾生はもとより、それ以外の受験生(近畿圏およびその周辺の小学生)や入塾希望者が数多く受験します。
そのため、希学園の「公開テスト」で出る偏差値、合格判定は信憑性が高いものとなっています。
また、小6になると各志望校別の予想問題で模試が行われ、実際の受験スケジュール通りの実施時間・合格発表のスタイルをとり、受験本番への緊張感を持ったプレ模試が行われます。

4.講師と授業の質が高い
希学園は、浜学園内部で専任講師不要論に反発した有名講師たちが]独立し、設立した塾です。
このような経緯から、専任講師の比率が非常に高いという特徴があります。
このため、全体的に授業の質が高く、クラスや校舎間による質のばらつきが少なくなっています。
また「最高レベル演習算数」「実戦レベル演習算数」「最高レベル演習国語」「最高レベル演習理科」「社会特訓」などのオプション授業が充実しており、学習状況に応じて様々な対策ができる体制となっています。

希学園でつまずきやすいポイント

1.スパルタ式で内容がハード
スパルタ式の希学園は自ら進んで勉強する子には最適ですが、そうでない子には不向きな塾と言えます。
また、希学園の復習主義を支えているものは膨大な宿題です。これらの宿題を全てこなすには時間が足りない場合がほとんどです。
質の高い学習習慣がついていないお子さんにとっては、希学園の指導方針に対応することは困難です。

2.フォロー体制を活かすのが難しい
「チューター制度」という1対1の担任制度を設けていても、実は必ずしもできめ細かいフォローが出来るわけではありません。
なぜなら、生徒の精神的支柱ともなる人気チューターには生徒が殺到するため、実質的には生徒1人に対して十分な時間を設けることが難しいシステムだからです。
また、「居残りサポートルーム」は復習方式の勉強法としては非常によく見えますが、単に塾での拘束時間が長くなり、実際には自習室で復習が出来ていないということがよくあります。
塾への長時間滞在=勉強という図式が成り立つのはトップクラスの子供たちであるという認識が親には必要です。
これは「polick(個別指導)」についても同様です。
そして、子供を塾へ丸投げすると、実際の部分は親に見えにくくなり、塾側とも意思疎通をしておかなければ、志望校対策講座やその他の選択講座でも、講座の取捨選択ができず、チューターの言われるがままの講座を受講し、学習の成果が得られない事態も十分考えられます。

3.テストに追われてしまう
希学園では毎回の内容確認である「復習テスト」、月1回程度行われる「公開テスト」などが行われます。
テストの結果を家庭学習での材料として利用すれば良いのですが、どうしてもテストの結果に一喜一憂してしまいがちになりますので、目先のテストにとらわれ学習効率を下げてしまうこともあります。
テストのための勉強は短期的に効果が上がることがあっても、長期的にはマイナスとなります。

4.オプション授業の選択が難しい
希学園では通常授業とは別のオプション講座が目白押しで、どの授業を選べばよいのか分かりにくいです。
勧められるままに全て受講してしまうと、家庭学習を行う時間がなくなり、結果的に学習サイクルやモチベーションが破綻しかねません。
オプションを取る前にお子さんがどのような状況に置かれているのかをきちんと分析してから取るようにして下さい。

家庭教師のコーチング1の希学園対策コーチング

数多くの中学受験生を合格へ導いた、希学園対策のプロである「家庭教師のコーチング1」なら、このような方針で対策コーチングを行います!

1.宿題のアレンジを軸とした家庭学習の効率化
希学園対策の最重要ポイントは、お子さんの志望校や学力に合わせて効果的にテキストを使用することです。
膨大かつ難易度の高い問題をやみくもにこなすのではなく、目標や学力に合わせて問題を取捨選択し、得意・不得意に合わせて優先順位をつけた学習計画を作成します。
さらにそれらの問題に適切な時間配分をつけ、テキストを有効活用するコーチングを行います。

2.「居残りサポートルーム」や「polick」の利用方法の決定
「居残りサポートルーム」や「polick(個別指導)」を何の考えも無く利用しても成績にはつながりません。
「居残りサポートルームではどのテキストのどの問題をやるか」「チューターにどの問題を質問するか」「質問したものはどうやって復習するか」などを決め、有効活用できるようにコーチングします。

3.復習テスト・公開テストの見直し
テストの結果だけに捉われて一喜一憂することは、結果が良かろうが悪かろうが受験生にとって最も良くない行為です。
テストはあくまで復習の材料です。
復習といっても解答・解説に目を通し、解き直しをするだけでは不十分です。
結果を分析し、判明した弱点や問題点をフィードバックすることによって、復習効率を追求するコーチングを行います。

4.プション講座の整理
安易なオプション講座の選択は相対的に家庭学習の時間を減らし、復習主義の希学園の理想から遠のいていくこととなります。
とはいえ、塾はビジネスでもありますから、不必要なオプションも勧めてきます。
冷静にお子さんの状況を分析し、オプションの取捨選択を行い、本当に必要なものだけに限定します。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159
メールで資料請求・お問い合わせをする