家庭教師のコーチング1

西大和学園中学校・過去問対策コーチング

西大和学園中学校・算数

試験時間:60分
満点:150点
問題難易度:B(A・B・C・D・Eの5段階)

算数・過去問傾向分析
西大和学園中学校の算数は試験時間が60分、満点は150点、文章題と図形分野の割合が多く出題されているのが特徴です。
文章題分野では毎年『場合の数』が出題されており、『仕事算』『時計算』の出題も多いです。
図形分野では、『容積』が中心で『多面体の表面積』『比を使った図形問題』が頻繁に出題されており、他には『規則性』や『最小公倍数』なども出題割合が高いです。
西大和学園では毎年国語より算数のほうが受験者平均点が10点前後高いことから、受験者の得点源になっており算数は絶対に落とせない科目になっています。

算数・過去問対策コーチング
西大和学園中学校・算数の合格目安は60%です!
文章題分野、図形分野の特徴的な出題単元を中心に対策を立てることが必要となってきます。
難問は1題は出題されますが難問に時間をかけず、着実に標準問題を解くことが合否の分かれ目となるので、標準問題をケアレスミスなどで落とさず、確実に抑えていく事が重要です。

西大和学園中学校・国語

試験時間:60分
満点:150点
問題難易度:B(A・B・C・D・Eの5段階)

国語・過去問傾向分析
西大和学園中学校・国語の試験時間は60分、満点は150点、国語の出題形式は説明文、物語文、詩、短歌と150〜4100字の作文となっています。
作文は、短い文章や詩を読み、その感想を書いたり、主題が与えられていることなど様々です。
説明文や物語文には必ず5問程度、漢字の出題が含まれています。
また、慣用句、語句の意味などを問う問題も出題される傾向にあります。
そして、特徴的なことは文章中に「短文を挿入」する問題が頻繁に出題されたり、記述問題は20字〜40字で説明させる問題が3問程度出題されています。

国語・過去問対策コーチング
西大和学園中学校・国語の合格目安は60%です!
文章中に「短文を挿入」する問題や記述問題などが良く出題されるので、対策としては日頃から記述に対して慣れるようにしておくことが重要です。
ただし、これらの問題は文章の内容をしっかり理解していないと正解できないので、日頃から長文読解の要約に慣れるようにしてください。

※理科・社会の対策は割愛させていただきます。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする