『家庭教師のコーチング1』は首都圏、中京圏、関西圏を中心に、学習管理を行いながら目標達成へ導く「コーチング」に主体をおいた家庭教師です。

中学受験・日能研対策コーチング

日能研でこんなことになっていませんか?

・Mクラスにあがれない
・下のクラスでお客様になっている
・カリテに追われてしまう
・カリテより公開模試の結果が悪い
・家庭学習のやり方がわからない
・オプションによって家庭学習の時間が圧迫されている
・ユリウス(個別指導)に通っているのに成績が伸びない
・日特で志望校に合わせた過去問対策をやってくれない
・相談をしてもあいまいなアドバイスしかもらえない
・家庭教師をつけているのに成績が伸びない


日能研で上記のようなことになっていませんか?
実は、これらのことは日能研生のご両親から寄せられる典型的なお悩みです。
日能研はいまや中学受験塾の最大手ですが、なぜこのような落とし穴にはまってしまうのでしょうか?
毎年100名以上の日能研生をサポートしている「家庭教師のコーチング1」が、日能研の特徴と対策コーチングを公開します。

中学受験塾で最大規模!日能研の強み

1.カリテ・公開模試によって学習の進捗状況が確認できる
日能研の最大の特徴は2週間に1回以上行われるカリキュラムテスト(通称カリテ)と1ヶ月に1回程度行われる公開模試です。
カリテは授業で行った範囲の定着度をチェックする確認テストで、これによってお子さんの学習の進捗状況を確認することができます。
公開模試はこれまで習った範囲を確認する実力テストで、偏差値によって志望校との距離をはかることができます。
カリテと公開模試の結果をもとにクラス分けや席替え(前から成績が良い順)が行われるため、お子さんの学力が把握しやすいシステムとなっています。

2.スピーディに提供される質が高く豊富なデータ
日能研は「データの日能研」といわれているほど、質が高い有益なデータを十分に提供しています。
特に日能研主催の公開模試の合格判定は信憑性が高く、中学受験三大模試の一つといわれています。
公開模試やカリテのデータは全てウェブ上のMYNICHINOKENから取得できます。
点数や偏差値、順位を把握できるのはもちろんのこと、併せて全体正答率と自身の○×を見比べられる正誤一覧表も取得できるため、弱点分析や復習の材料として効果的です。
また、これらのデータは原則テスト翌日には取得できるので、間を空けずに分析・復習を行えるというメリットがあります。

3.目的別に分けられたテキストの使いやすさ
日能研は「授業用テキスト=本科教室」、「復習用テキスト=栄冠への道」、「基礎トレ用テキスト=計算と漢字」と目的別にテキストが分かれており、とても使いやすいつくりとなっています。
予習は時間効率が悪いだけでなく、思い込みや勘違いを招き、なおかつ授業中の集中力を低下させるということで奨励されず、復習型のカリキュラムとなっています。
算数の副教材として「強化ツール」という類題集が渡されることも復習に重きを置いていることの現れです。
また、市販されている理科・社会のメモリーチェックは、日能研生以外も使う、暗記物テキストの定番です。
これらのテキストを志望校や学力に合わせてアレンジすることによって、効果的な家庭学習が実現できます。

4.授業の質とオプションの豊富さ
日能研にはいわゆる「学生講師」というのがいません。
そのため、全体的に授業の質が高く、クラスや校舎間による質のばらつきが少ないという特徴があります。
また各種単科講座や日曜特訓(日特)などのオプション授業が充実しており、学習状況に応じて様々な対策ができる体制となっています。
また、個別指導のユリウスが併設されている校舎もあるので、うまく利用すれば分からない問題をタイムリーに解決することができます。

日能研でつまずきやすいポイント

1.カリテ・公開模試に追われてしまう
6年生になると毎週のようにカリテや公開模試などのテストがあります。
学習の進捗状況を確認できる半面、クラス分けや席替えのプレッシャーから目先のテストで点数を取るための勉強をはじめてしまうお子さんがいます。
しかし、目先の点数にこだわるあまりテスト直前対策を行えば、通常の学習時間が圧迫され、復習が疎かになってしまいます。
すると一時的にカリテの点数をあげることはできても、知識が定着しないことから、公開模試では成績の波が大きくなり、中長期的に成績が低迷してしまいます。
目先のテストのとらわれるのではなく、カリテ・公開模試はあくまで復習の材料と考えて、学習に取り組んでください。

2.テストの結果に一喜一憂してしまう
質が高いデータが十分に提供されたとしても、必ずしも皆が活用できるわけではありません。
なぜならテストの結果と向き合うことはとてもストレスのかかる作業で、多くのお子さんが結果に捉われ一喜一憂してしまうからです。
ましてやうまくいかなったテストのデータを分析し、有効な対策を考えられるほどの客観性と戦略性を持ったお子さんはなかなかいません。
モチベーションを保ちながらデータを有効活用するためには、周りが適切にサポートし、学習の方向性を決める必要があります。

3.家庭学習はあくまでご家庭任せ
日能研では家庭学習の明確な指示があまりなく、家庭学習はあくまでご家庭任せです。
なぜなら復習の重点ポイントはお子さんによって違うため、1クラス20~30人程度の生徒がいる日能研では1人1人に合わせた細かい家庭学習の指示を出すことは困難だからです。
だからといって、とにかく「本科教室」や「栄冠への道」を解いているだけでは非効率です。
なぜなら具体的な指示を出さないと、志望校や今の学力には必要のない「栄冠への道」の問題研究や「強化ツール」の応用問題まで手を広げてしまうお子さんがいるからです。
ですからお子さんの志望校や学力に合わせて問題を取捨選択し、なおかつ得意・不得意に合わせて優先順位をつけて家庭学習の計画を作成する必要があります。
また、基礎トレ用テキストである「計算と漢字」は最低限の量しかないため、基礎固めが必要なお子さんにとっては問題量が足りません。
ケアレスミスが気になる場合は基礎トレのボリュームを増やすなど工夫をする必要があります。

4.ついついオプション講座を取ってしまう
日能研には各種単科講座や日特といったオプション授業が充実しているため、通常授業に加えこれらのオプションを選択される方が多いと思います。
しかし、これらのオプション授業の中にはお子さんの状況に必ずしも適切でない場合があります。
例えば、日特では志望校別の対策を行うと銘打っていますが、実際に志望校別の対策をするのは「麻布日特」など学校名を冠した日特だけです。
それ以外のクラスは、様々な学校の過去問が詰まった「銀本」というテキストの問題演習を行うだけで、必ずしも自分の志望校に合わせた対策ではありません。
また、個別指導のユリウスや家庭教師をつければ、分からない問題の解答・解説はしてくれますが、その後の復習の指示はありません。
いたずらに問題演習の時間や解答・解説の時間を増やし、相対的に復習する時間を減らしてしまっては本末転倒です。
学力にも時間的にも余裕がないのであれば、安易にオプションやユリウス(個別指導)、家庭教師を選択することはお勧めできません。
選択する前にお子さんの状況をきちんと分析し、授業内容と照らし合わせ、本当に適切な選択か判断してください。

家庭教師のコーチング1の日能研対策コーチング

数多くの中学受験生を合格へ導いた、日能研対策のプロである「家庭教師のコーチング1」なら、このような方針で対策コーチングを行います!

1.カリテ・公開模試を復習の材料として活用
カリテ・公開模試に追われるのではなく、復習の材料として活用します。
具体的には、テストで間違えた問題のうち、志望校や学力に合わせて難易度別に問題を取捨選択します。
さらに、その中で得意・不得意に合わせて優先順位をつけ、復習を行います。
これにより、普段の復習で漏れてしまった弱点を補強するコーチングを行います。

2.志望校・学力に合わせた学習計画の立案
テストのデータ分析と学習計画はコーチング1の最も得意とすることです。
結果を分析し、判明した弱点や問題点をフィードバックした学習計画を作成することによって、効果的なコーチングを行います。
特に6年生については、日能研のデータに、独自の過去問傾向分析・対策を加え、志望校に合わせたコーチングを行います。

3.「本科教室」「栄冠への道」の使用方法のアレンジ
「本科教室」や「栄冠への道」を単純に頭から解くのではなく、目標や学力に合わせて問題を取捨選択し、得意・不得意に合わせて優先順位をつけた使用方法にアレンジします。
さらにそれらの問題に適切な時間配分をつけ、「いつ・どこを・どのようにやるか」明確にしたコーチングを行います。

4.オプション講座の整理
現在取っているオプションの取捨選択を行い、本当に必要なものだけに限定します。
特に日特を削った場合、そこで浮いた時間で志望校別の過去問対策コーチングを行います。
お子さんに志望校の過去問傾向を分析し、問題傾向に合わせて無駄を省いた対策を立案します。
また、過去問対策は長期的な対策が必要なケースがあります。
この場合、受験直前からのスタートでは間に合わないため、志望校が決定した段階で志望校の過去問傾向を分析し、早いタイミングから志望校へ向けた対策コーチングを行います。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159
メールで資料請求・お問い合わせをする