家庭教師のコーチング1

京華中学校・過去問対策コーチング

京華中学校・算数

試験時間:50分
満点:100点
問題難易度:E(A・B・C・D・Eの5段階)

算数・過去問傾向分析
京華中学校・算数の試験時間は50分、満点は100点、大問数7題、設問数は25問程度です。
大きな特徴として、大問1~3の計算問題と一行文章問題の割合が6割を占める点が挙げられます。
また、試験時間の割に問題数の多いので、スピーディーに解答していくことが求められます。
問題形式は答えのみの記述となります。
必然的に部分点がもらえないため、仮に考え方が正しかったとしても計算ミスや記述ミスがあると点数に結びつきません。
これらの点から基礎的な算数力が試される問題傾向と言えます。
内容としては四則計算、□を求める問題、数の概念、鶴亀算、仕事算、割合(食塩算、損益売買算)、速さ、規則性、平面図形、立体図形などから万遍なく出題されます。

算数・過去問対策コーチング
京華中学校・算数の合格目安は50%です!
攻略のポイントは「素早く正確に問題を解く力」と「苦手な単元をつくらないこと」です。
まずは素早く正確に解答できる計算力の養成です。
日能研の「マスター計算1095題」などの計算問題集を毎日計画的に解き進めましょう。
その際、「時間と分量を決めること」を心がけて取り組んでください。
普段から時間と分量を決め、時間配分を意識しながら、問題を解くことによって、緊張感への耐性がつき、計算ミスが減り、解答の正確性が増していきます。
次に、苦手な単元を作らないためにはテキスト選びを注意しましょう。
いたずらに難易度の高いテキストではなく、日能研の「ベストチェック」や四谷大塚の「四科のまとめ」など基礎レベルのもので十分です。
難易度を落とし、解く量を絞り込んだ上で、学習の質を高めましょう。
具体的には解く際に「途中式をノートに書くこと」を意識し、しっかりと復習しながら解き進めていきましょう。
途中式を書くことによって、ミスした部分の履歴が残り、復習効率があがります。

京華中学校・国語

試験時間:50分
満点:100点
問題難易度:E(A・B・C・D・Eの5段階)

国語・過去問傾向分析
京華中学校・国語の試験時間は50分、満点は100点、大問は4題、漢字の読みが1題、漢字の書きが1題、論説・説明文が1題、小説・物語文が1題出題されます。
漢字の読み・書き問題は独立したそれぞれ大問になっていますが、全部で10問程度なので、あまり比重は大きくありません。
基本的には読解力で勝負が決まります。
設問については総合問題形式となっており、内容の読み取り、要旨、内容吟味、語句の意味、指示語、漢字などあらゆる角度から国語力が問われます。
記述問題については30~50字のものが2題出される程度なので、大きな負担になりません。

国語・過去問対策コーチング
京華中学校・国語の合格目安は50%です!
攻略のポイントは「苦手な単元を作らない」ということです。
京華の国語は総合問題形式で様々な角度から国語力を問われますので、バランスの取れた読解力を身につけましょう。
算数同様にテキストは日能研の「ベストチェック」や四谷大塚の「四科のまとめ」など基礎レベルのもので十分です。
これらのテキストを使い、論説・説明文および小説・物語文の基本的な読解・記述の技術をトレーニングしましょう。
また、漢字の読み書きの比重が大きくないとはいえ、軽視していいというわけではありません。
朝もしくは寝る前の15~30分程度、日能研の「漢字マスター1095題」などのテキストを使った基礎力トレーニングを学習スケジュールに組み込んでください。

※理科・社会の対策は割愛させていただきます。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする