『家庭教師のコーチング1』は首都圏、中京圏、関西圏を中心に、学習管理を行いながら目標達成へ導く「コーチング」に主体をおいた家庭教師です。

中学受験・市進学院対策コーチング

市進学院でこんなことになっていませんか?

・クラスがあがれない
・定例試験より外部模試の偏差値が悪い
・計画表の通りに勉強しても成績が上がらない
・質問室でうまく質問ができない
・個太郎(個別指導)を受けているのに効果がでない
・志望校別の対策に不安がある
・ウイング(家庭教師)をつけているのに成績が伸びない


市進学院で上記のようなことになっていませんか?
実は、これらのことは市進学院生のご両親から寄せられる典型的なお悩みです。
市進学院は面倒見の良さで評判の塾ですが、なぜこのような落とし穴にはまってしまうのでしょうか?
毎年100名以上の市進学院生をサポートしている「家庭教師のコーチング1」が、市進学院の特徴と対策コーチングを公開します。

千葉の雄!市進学院の強み

1.千葉御三家に強い
今では首都圏全域に校舎がある市進学院ですが、元々は千葉の塾です。
そのため、千葉御三家に強いという特徴があります。
2016年の千葉御三家の実績は393名(渋谷幕張53名、市川156名、東邦大東邦184名)となっていて、SAPIX・日能研・四谷大塚・早稲田アカデミーのトップ4には及びませんが、全体実績から考えると優位性があるといえる実績です。

2.塾の拘束時間が短い
市進学院は元々は高校受験をメインとした塾で、部活との両立を前提としたバランスのとれたカリキュラムで評判の塾でした。
そのため中学受験クラスも他塾に比べ、拘束時間が短く、ゆったりとしたカリキュラムという特徴があります。
また、夏期・冬期の合宿も一切行っていません。
これによって家庭学習の時間がたっぷりと確保できるというメリットがあります。

3.シンプルで分かりやすいカリキュラム
授業では「必修シリーズ」で知識を導入し、「演習問題」で演習を行います。
家庭学習では「ベーシックトレーニング」で基礎力トレーニング、「ホームタスク」で復習ができるようになっています。
その他、類題集である「トライアルシリーズ」などの副教材もあります。
そして、月1回程度実施される定例テストで学習の進捗具合を確認することができます。
このようにシンプルでわかりやすいカリキュラムが市進の良さです。

4.面倒見の良さを支えるフォロー体制
市進の特徴として、面倒見の良さが挙げられます。
代表的なシステムとしては1クラス2担任制というものがあります。
これは文系と理系の担任がつき、1担任制よりも生徒の状況を正確に把握することができるシステムです。
また、「質問室」が設置されているため、生徒の疑問を拾い上げることができます。
さらに、「個太郎」という個別指導も併設されている教室もあり、フォロー体制がしっかりしています。

市進学院でつまずきやすいポイント

1.千葉以外の学校には弱い
千葉御三家をはじめとする千葉の学校には強い市進ですが、千葉以外の学校には決して強いとはいえません。
以前は行われていなかった志望校別の対策講座が行われるようになりましたが、必ずしも実績に結び付いているとは言えません。
そのため、千葉以外の学校を目指すのであれば、独自の志望校別対策が必要となります。

2.家庭学習の重要性が高い
塾の拘束時間が短いということは、家庭学習の重要性が高いということです。
そのため、市進では家庭学習の「計画表」が渡され、家庭学習を重視するカリキュラムとなっています。
しかし、「計画表」は基礎トレである「ベーシックトレーニング」と宿題用テキストである「ホームタスク」を中心とした最低限のことしか書かれていません。
「必修シリーズ」や「演習問題」で判明した弱点の復習は、「ホームタスク」だけでは必ずしも十分ではありません。
「トライアルシリーズ」などの副教材から類題をピックアップして、質の高い復習を行う必要があります。

3.難関・上位校を狙うには質・量とも不足
シンプルなテキストを中心とした市進のカリキュラムは中堅校向きには素晴らしいものですが、あまり難関・上位校狙いには向きません。
また、塾内テストである定例試験は難易度が易しいため、日能研の公開模試や四谷大塚の合不合判定テストと比べると偏差値が10程度高く出ます。
ですから外部模試を受けるまで、志望校と自分の学力との距離感がつかみづらいという難しさがあります。
難関・上位校を狙うのであれば、「トライアルシリーズ」などの使い方を工夫し、通常授業では不足してしまうカリキュラムの質と量を補う必要があります。

4.質問室や個太郎を活かすのが難しい
質問室に行けば、チューターに分からない問題を質問できます。
しかし、「どこが分からないか分からないお子さん」にとっては質問室で自分に必要なところを的確に質問することはできません。
それどころか質問したことによって分かった気になり、復習が疎かになる場合さえあります。
また、併設されている個別指導の「個太郎」や家庭教師の「ウイング」も自習室と同じく「的確な質問ができる子」「習ったことを復習する習慣が身についている子」のためのものです。
個別指導や家庭教師でうまく質問できなかったり、習いっぱなしで復習しなければ、中学受験の内容は定着しません。

家庭教師のコーチング1の市進学院対策コーチング

数多くの中学受験生を合格へ導いた、市進学院対策のプロである「家庭教師のコーチング1」なら、このような方針で対策コーチングを行います!

1.志望校別の対策コーチング
塾では行われない志望校別の過去問対策コーチングを行います。
お子さんに志望校の過去問傾向を分析し、問題傾向に合わせて無駄を省いた対策を立案します。
また、過去問対策は長期的な対策が必要なケースがあります。
この場合、受験直前からのスタートでは間に合わないため、志望校が決定した段階で志望校の過去問傾向を分析し、早いタイミングから志望校へ向けた対策コーチングを行います。

2.「計画表」より掘り下げた学習計画の作成
「計画表」に書かれてある「ベーシックトレーニング」や「ホームタスク」を闇雲に解くだけでは学力は身につきません。
「必修シリーズ」や「演習問題」で判明した弱点や問題点を「ホームタスク」だけでなく、必要に応じて「トライアルシリーズ」などを利用して復習させます。
これらを盛り込んだ学習計画表を作成することによって、「計画表」よりも掘り下げた効果的なコーチングを行います。

3.志望校や学力に合わせてカリキュラムをアレンジ
難関・上位校を狙うのであれば、「トライアルシリーズ」などの使い方を工夫し、通常授業では不足してしまうカリキュラムの質と量を補うようにカリキュラムをアレンジし、志望校合格へ導きます。

4.質問室や個太郎の利用方法の決定
質問室や個太郎(個別指導)を何の考えも無く利用しても成績にはつながりません。
質問室や個太郎を使うのであれば、「質問室ではどのテキストのどの問題をやるか」「チューターにどの問題を質問するか」「質問したものはどうやって復習するか」などを決め、有効活用できるようにコーチングします。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159
メールで資料請求・お問い合わせをする