『家庭教師のコーチング1』は首都圏、中京圏、関西圏を中心に、学習管理を行いながら目標達成へ導く「コーチング」に主体をおいた家庭教師です。

宝仙学園中学校(理数インター)過去問傾向分析と対策コーチング

宝仙学園中学校(理数インター)・算数

試験時間:50分
満点:100点
問題難易度:D(A・B・C・D・Eの5段階)

算数・過去問傾向分析
宝仙学園中学校・算数の試験時間は50分、満点は100点、大問数5題、設問数は20問前後です。
大問1~2の計算問題と一行文章問題が全体の6割を締める「基礎力重視型」の問題傾向です。
内容としては四則計算、□を求める計算、数列、日暦算、割合、速さ、場合の数、平面図形、立体図形などから幅広く出題されます。
決して難易度が高い問題ではありませんが、途中式や考え方を求められる記述問題も出題されますので、注意が必要です。

算数・過去問対策コーチング
宝仙学園中学校・算数の合格目安60%です!
攻略のポイントは「バランスのとれた学力」です。
いたずらに難易度の高い問題を解くのではなく、「予習シリーズ」や「新演習問題集」などの基本問題レベルに絞った演習を行いましょう。
難易度を落として、各分野の復習をしっかり行いながら解き進めていきましょう。
その際、「途中式をノートに書くこと」を意識してください。
入試で途中式や考え方が求められるからという理由だけではなく、これによってミスした部分の履歴が残り、復習効率があがるからです。
当然ですが、基礎トレも疎かにしないでください。
日能研の「マスター計算1095題」などの計算問題集を毎日計画的に解き進めましょう。
その際、「時間と分量を決めること」を心がけて取り組んでください。
普段から時間と分量を決め、時間配分を意識しながら、問題を解くことによって、緊張感への耐性がつき、計算ミスが減り、解答の正確性が増していきます。

宝仙学園中学校(理数インター)・国語

試験時間:50分
満点:100点
問題難易度:D(A・B・C・D・Eの5段階)

国語・過去問傾向分析
宝仙学園中学校・国語の試験時間は50分、満点は100点、大問は5題、漢字の読みが1題、漢字の書きが1題、語句が1題、論説・説明文が1題、小説・物語文が1題出題されます。
論説・説明文なら主題の読み取り、小説・物語文なら登場人物の心情の把握が求められます。
文章量や難易度自体は平易ですが、記述問題が長短合わせて5、6問も出されるという特徴があります。
あいまいな理解のまま選択肢を選ぶ癖がついてしまっている子や記述慣れしていない子は苦戦が予想されます。
知識分野も漢字の読み書き・語句とバランスよく出題されるため、日々の積み重ねが問われる傾向と言えます。

国語・過去問対策コーチング
宝仙学園中学校・国語の合格目安は60%です!
攻略のポイントは「知識・読解・記述の総合力の養成」です。
算数同様にいたずらに難易度の高い問題を解くのではなく、「予習シリーズ」や「新演習問題集」などの基本問題レベルに絞った演習を行いましょう。
これらのテキストを使い、論説・説明文および小説・物語文の基本的な読解・記述の技術をトレーニングしましょう。
記述問題が多いため、思いの外時間がかかってしまいます。
常に時間を定めた学習計画を作成し、スピーディーに読解・解答をする習慣を身につけてください。
また、知識問題については積み重ねが重要です。
朝もしくは寝る前の15~30分程度、前述のテキストの知識分野に加え、日能研の「漢字マスター1095題」などのテキストを使った基礎力トレーニングを学習スケジュールに組み込んでください。

宝仙学園中学校(理数インター)・理科

試験時間:40分
満点:100点
問題難易度:D(A・B・C・D・Eの5段階)
理科の過去問分析と対策コーチングについては個別にお問い合わせください

宝仙学園中学校(理数インター)・社会

試験時間:40分
満点:100点
問題難易度:D(A・B・C・D・Eの5段階)
社会の過去問分析と対策コーチングについては個別にお問い合わせください

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159
メールで資料請求・お問い合わせをする