『家庭教師のコーチング1』は首都圏、中京圏、関西圏を中心に、学習管理を行いながら目標達成へ導く「コーチング」に主体をおいた家庭教師です。

中学受験・栄光ゼミナール対策コーチング

栄光ゼミナールでこんなことになっていませんか?

・「特別選抜ゼミ」「特別選抜ゼミ」に入れない
・アタックテストより外部模試の偏差値が悪い
・勉強しているのに志望校に偏差値が届かない
・家庭学習のやり方がわからない
・i-cot(自習室)でうまく質問ができない
・個別指導を受けているのに効果がでない
・志望校別の対策に不安がある
・家庭教師をつけているのに成績が伸びない


栄光ゼミナールで上記のようなことになっていませんか?
実は、これらのことは栄光ゼミナール生のご両親から寄せられる典型的なお悩みです。
栄光ゼミナールは近年素晴らしい実績を出している塾ですが、なぜこのような落とし穴にはまってしまうのでしょうか?
毎年100名以上の栄光ゼミナール生をサポートしている「家庭教師のコーチング1」が、栄光ゼミナールの特徴と対策コーチングを公開します。

校舎数ナンバーワン!栄光ゼミナールの強み

1.校舎数が多く通塾にメリット
栄光ゼミナールは約430(2015年3月時点)の校舎を構えており、中学受験塾の中ではナンバーワンの校舎数をほこります。
これにより、自宅に最も近い校舎が選択でき、通塾の利便性が高いという特徴があります。
通塾時間が削られれば、家庭学習に当てられる時間が増え、受験生にとっては確実にメリットとなります。
現在も拡大路線は継続中なので、今後も通塾メリットは増していきます。

2.1クラス10人前後の少人数制クラス
栄光ゼミナールは1クラス10人前後の少人数制クラスを取り入れており、比較的面倒見の良い塾です。
カリキュラムも「新演習問題集」をメインテキストとし、「計算日記」「漢字日記」などの副教材や、オリジナルの「単元確認プリント」「復習プリント(リタプリ)」など基本・標準レベルの問題を中心に構成されています。
また、定着度を確認するために、月1回程度「アタックテスト」が行われます。
さらに「i-cot」という自習室や「個別指導」「CATS」という家庭学習用IT教材もあり、サポート体制も充実しています。
お子さんにとっては馴染みやすいカリキュラムの塾といえるでしょう。

3.「御三家学校別対策ゼミ」「特別選抜ゼミ」を選択できる
栄光ゼミナールでは通常の中学受験コースに加え、御三家向けの「御三家学校別対策ゼミ」、難関校向けの「特別選抜ゼミ」というコースを選択することができます。
ただし、これらのゼミは選ばれた生徒のみが受講できる「認定制度」となっており、指定されたテストで基準をクリアすることが必要となり、、通常の受験コースより難易度の高いカリキュラムとなります。
また、最近では「エクタス」という最難関校向けに特化したブランドも展開しています。

4.個別指導と集団指導の連携
栄光ゼミナールでは少人数の集団指導と並行して、個別指導のクラスを選択することができます。
大手塾では珍しい「集団と個別が同じ教室内にある」という仕組みを活かし、生徒の情報が集団から個別スムーズに伝わります。
これによって、効率的に個別の授業を受けることができます。

栄光ゼミナールでつまずきやすいポイント

1.教室によって進度に違いがある
栄光ゼミナールでは各教室に比較的大きな裁量権が与えられているため、教室によって進度やカリキュラムに違いがあります。
たとえば、基本的には「新演習問題集」がメインテキストなのですが、教室によっては四谷大塚の「予習シリーズ」がメインテキストで、「新演習問題集」はサブテキストということがあります。
上位校を目指しているのに、カリキュラムや進度が追いついていないということもありえるので注意が必要です。

2.難関・上位校を狙いづらいカリキュラム
「新演習問題集」は「基本問題=基本」、「練習問題=標準」、「チャレンジ=応用」という構成のバランスの取れたテキストです。
ただし、通常の中学受験コースでは多くの場合、「新演習問題集」の標準問題までしかやらず、その範囲で「単元確認テスト」を行って弱点を洗い出し、「リタプリ」で復習するという流れになります。
中堅校向きには素晴らしいカリキュラムですが、あまり難関・上位校狙いには向きません。
難関・上位校を狙うのであれば、基準をクリアーし、「御三家学校別対策ゼミ」「特別選抜ゼミ」に入ることをお勧めします。
また、塾内テストであるアタックテストも難易度が易しいため、日能研の公開模試や四谷大塚の合不合判定テストと比べると偏差値が10程度高く出ます。
ですから外部模試を受けるまで、志望校と自分の学力との距離感がつかみづらいという難しさがあります。

3.志望校別の対策が弱い
栄光ゼミナールでは志望校別対策コースが設けられていません。
御三家・難関校向けの「御三家学校別対策ゼミ」「特別選抜ゼミ」はありますが、各学校ごとに対策をする講座ではありません。
もちろん、6年生の後期には過去問は解いたり、過去問の解答・解説をしてくれますが、過去問の問題傾向を分析した体系的な学習ではありません。
このため、栄光ゼミナールに所属しているお子さんは志望校に向けて独自に対策をする必要があります。

4.i-cot(自習室)や個別指導を活かすのが難しい
i-cot(自習室)に行けば、チューターに分からない問題を質問できます。
しかし「どこが分からないか分からないお子さん」にとっては自習室で自分に必要なところを的確に質問することはできません。
それどころか質問したことによって分かった気になり、復習が疎かになる場合さえあります。
また、集団授業と個別指導の連携が取れていても、やはり個別指導も自習室と同じく「的確な質問ができる子」「習ったことを復習する習慣が身についている子」のためのものです。
個別指導でうまく質問できなかったり、質問しても習いっぱなしで復習しなければ、中学受験の内容は定着しません。(家庭教師についても同じことが言えます)

家庭教師のコーチング1の栄光ゼミナール対策コーチング

数多くの中学受験生を合格へ導いた、栄光ゼミナール対策のプロである「家庭教師のコーチング1」なら、このような方針で対策コーチングを行います!

1.進度やカリキュラムの違いを踏まえたアレンジ
校舎によって違う進度やカリキュラムを踏まえて、カリキュラムのアレンジが必要です。
学習量が少ない場合は、志望校や目標学力に合わせて問題を追加する必要があります。
また、無理をして「新演習問題集」のチャレンジまで手を広げていたり、策も無く「リタプリ」をやっているような無駄が多いやり方の場合は問題の取捨選択を行い、目標に最適なコーチングを行います。

2.志望校・学力に合わせた学習計画の立案
アタックテストや外部模試の結果を分析し、判明した弱点や問題点をフィードバックした学習計画を作成することによって、効果的なコーチングを行います。
特にアタックテストは外部模試より易しいという点を加味した上で分析を行います。
実は「新演習問題集」や「単元確認プリント」、「リタプリ」を闇雲に解くだけでは学力は身につきません。
問題に優先順位をつけて学習できるように学習計画を作成し、合格へ導きます。

3.志望校別の対策コーチング
塾では不足してしまう志望校別の過去問対策コーチングを行います。
お子さんに志望校の過去問傾向を分析し、問題傾向に合わせて無駄を省いた対策を立案します。
また、過去問対策は長期的な対策が必要なケースがあります。
この場合、受験直前からのスタートでは間に合わないため、志望校が決定した段階で志望校の過去問傾向を分析し、早いタイミングから志望校へ向けた対策コーチングを行います。

4.i-cot(自習室)や個別指導の利用方法の決定
自習室や個別指導を何の考えも無く利用しても成績にはつながりません。
自習室や個別指導を使うのであれば、「自習室ではどのテキストのどの問題をやるか」「チューターにはどの問題を質問するか」「質問したものをどうやって復習するか」などを決め、有効活用できるようにコーチングします。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159
メールで資料請求・お問い合わせをする